« 無観客試合 | トップページ | 第3節広島戦(3/15@エディオンスタ) »

2014年3月15日 (土)

速報広島戦

前代未聞の無観客試合という厳しい裁定が下った直後の試合、クラブとしてリスタートきるには結果が求められるところ。
スタメンは、
FWー興梠
MFー原口、柏木、平川、宇賀神、阿部、啓太
DFー槙野、那須、、森脇
GKー西川
サブは、加藤、坪井、濱田、梅崎、関口、矢島、李。去年からのメンバーの先発となる。広島はACLのオーストラリア遠征から中三日とコンデション的には浦和は有利です。主審は松尾。
前半、互いに慎重な立ち上がり、浦和は広島の前の三人をマンツーマンできっちり守る。広島はACLによるコンデションの影響でしょうか、お互いに積極的に前には出てこない。
浦和のストロングポイントである左サイドも、ミキッチをきっちりとマークして守備の集中力は高い。その分攻撃にかける人数が少ない。同じフォーメーションなので、5トップ5バックとなってしまう。
前半の終了間際に、CKの崩れからの平川のクロスに興梠が見事なバックヘッドを決める。
後半、浦和が先制したことで広島は前に出てくる。しかし、広島はコンデションが悪いのかミスが多い。浦和の攻めも低調、柏木のイージーミスが目につく。
ミシャは、興梠→李、柏木→梅崎と交代、カウンターから原口が決定的な追加点。森脇レッドはご愛嬌。浦和の守備の集中力と西川の異様なくらいの落ち着きぶりが印象的でした。

|

« 無観客試合 | トップページ | 第3節広島戦(3/15@エディオンスタ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報広島戦:

« 無観客試合 | トップページ | 第3節広島戦(3/15@エディオンスタ) »