« 今日は清水戦 | トップページ | 第4節清水戦(3/23@埼スタ) »

2014年3月23日 (日)

速報清水戦

Jリーグ初の無観客試合、いつもと全く環境が違う中でいかに平常心でプレー出来るかがポイント。
スタメンは、
FWー興梠
MFー原口、梅崎、平川、宇賀神、啓太、柏木
DFー槙野、那須、阿部
GKー西川
サブは、加藤、濱田、坪井、関根、関口、矢島、李。出場停止の森脇に代わり阿部、柏木がボランチに入る。主審は飯田。
前半、いつもと違う中でお互いに慎重な立ち上がり、浦和はDFの裏を狙う興梠に長いパスが出るが繋がらない。清水は2ラインを敷いてきちっと守備を固めてくる。守備を固める清水に対し、浦和は無理に縦パスを入れてこず、サイドへの展開が多くなる。
阿部がCBに入ることによって、守備は安定してくる。清水はノバコビッチが相変わらず嫌なプレーをして来る。ノバコビッチの回りを大前、長沢がチョロチョロと動く。CKから、ショートコーナーからの戻りのボールを受けた大前はフリーで、逆サイドまでボールが通り、その折り返しを長沢に決められる。
浦和は、その後、興梠→原口の決定機も決められず。引いて守る清水に対し、逆サイドのWGへのパスが通るようになるが、クロスの精度がない。
後半、永田→梅崎、平川→関根といきなりの二枚替え。関根の右サイドからの攻め効果的、永田から逆サイドWGへのパスも有効、清水は押し込まれ防戦一方。
更にミシャは、宇賀神→李、原口がWGにすると、防戦一方で足が止まり出した清水には効果的、関根の右サイドからのクロスに中で潰れた李の大外から原口が決めて同点。
一方的に攻めるが勝ち越し点は奪えず。アデッショナルタイムにはあわやの場面を作られたが西川のセーブに救われた。関根はデビュー戦ながら落ち着いたプレーだった。今後に期待出来る。

|

« 今日は清水戦 | トップページ | 第4節清水戦(3/23@埼スタ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報清水戦:

« 今日は清水戦 | トップページ | 第4節清水戦(3/23@埼スタ) »