« 久保田紅寿 | トップページ | 第2節 鳥栖戦(3/8@埼スタ) »

2014年3月 8日 (土)

速報鳥栖戦

ホーム開幕戦となった鳥栖戦、G大阪戦は高い守備ての集中力を保ちきっちり勝ち点3を取りました。その集中力の高さを維持出来るかがポイント。
スタメンは、
FWー興梠
MFー原口、梅崎、森脇、宇賀神、柏木、阿部
DFー槙野、永田、濱田
GKー西川
サブは、加藤、坪井、啓太、平川、関口、矢島、李。怪我の那須に変わって永田がリベロに入る。左CBは森脇が一列上がって濱田がスタメン。鳥栖の豊田の高さを警戒した選手起用、一昨年豊田にちんちんにされた濱田ですが、その汚名挽回はなるか、濱田にとっては今後の選手キャリアにもつながろ重要な試合と思う。主審は家本。
前半、浦和のポゼッションで試合は進む。左サイド中心に攻める、しかし、フォローが遅く攻めに連動性がない。
右サイドで濱田がかぶってしまい、フリーでクロスを上げられ、豊田にヘッドを決められてしまう。失点のかたちとしては非常に安っぽいものだった。
濱田はラインを上手く上げ下げしているがバスミス多い。守備はワイドがスライドしてくるので、気を付けねばならない豊田はしっかりケアしている。
攻めは興梠が右サイドに流れてからのクロスに梅崎はフリーでのヘッドはゴール枠を捉えきれず。その後の原口のシュート、槙野の左サイドから切れ込んでのシュートあったがゴールまてに至らず。攻めの連動性がいまいちの感じ。
後半、圧倒的に浦和がボールを支配するがゴールは遠い。前に入れたボールに対して、二人目三人目の動きがない。守備の意識化は高くなったが攻撃の質の面で課題は残った。
ミシャは永田→李、梅崎→関口、濱田→啓太と選手交代したが、去年までだったらバランスを崩してしまったが、そうはならなかった。それを良しとするか。

|

« 久保田紅寿 | トップページ | 第2節 鳥栖戦(3/8@埼スタ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報鳥栖戦:

« 久保田紅寿 | トップページ | 第2節 鳥栖戦(3/8@埼スタ) »