« 2014開幕 | トップページ | 第1節 G大阪戦(3/1@万博競技場) »

2014年3月 1日 (土)

速報G大阪戦

さあ、までに待った2014シーズン開幕、3年目となったペトロビッチ体制ですが今シーズンは結果が求められるシーズンです。J2から昇格してきたG大阪、互いに攻撃に特徴があるチーム同士の対戦となりました。
スタメンは、
FWー興梠
MFー原口、梅崎、平川、宇賀神、柏木、阿部
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、加藤、坪井、啓太、関口、矢島、永田、李。キャンプで試された柏木ボランチ、攻めてる時は良いが受けに回ったときには課題がありました。去年の二の舞は避けたいところ。主審は西村。
前半、G大阪は遠藤がFWで高めの位置でキープされ、後ろからわらわらと上がって来て攻めに人数をかけられたら厄介。浦和は梅崎がシャドウに入る、梅崎はキャンプでも良いミドルを決めていた。柏木ボランチは禁断のポジションだが、受けに回らねば、ボールをうまく散らして、攻撃の起点となる。
浦和の攻撃は左サイド中心で宇賀神に良いかたちでボールが入り、原口との関係は良いが槙野は守備のこともありイケイケではない。 右の平川はトイメンの藤春をケアして、積極的には上がって来ない。興梠は何故かしら消えてしまっている。原口の攻めが目立つ。
G大阪は、前線の佐藤、遠藤にボールが入らない。前線に起点にが出来ないから、後ろからわらわらと上がってくるG大阪の攻撃の怖さはない。
浦和は、CKからこぼれたボールを阿部がシュート、槙野に当たってゴールイン。互いに慎重にいっていたが、セットプレーで得点出来たのは大きい。
後半、G大阪は遠藤を下げてボールをうまく散らしてくる。しかし、浦和の守備意識は相当高い。槙野、森脇は上がる気配無しで5バッグで守る。一時はG大阪に圧倒的に攻めれれたが、決して慌てる事はなく落ち着いて守備ブロックを構築していた。
前線にボールが収まらないので、怖いのは藤春のサイド突破の攻撃が怖かったが、しかしそこは平川が藤春を完封。トップの佐藤は完全に消えたままでした。ATが5分あったが落ち着いて、バランスは試合を通して崩れることは無かった。那須の負傷交代は計算外だったが、梅崎→李、興梠→啓太と交代も効果的で、追加点は奪えなかったのは課題だったが、内容的は完勝でした。

|

« 2014開幕 | トップページ | 第1節 G大阪戦(3/1@万博競技場) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報G大阪戦:

« 2014開幕 | トップページ | 第1節 G大阪戦(3/1@万博競技場) »