« 速報清水戦 | トップページ | ゼロベースからの見直し »

2014年3月24日 (月)

第4節清水戦(3/23@埼スタ)

本当に味気ない試合でした。内容はさることながら、たんたんと時間が過ぎて行く、こういう時こそ、平常心が求められるのでしょうね。
スタメンは、
FWー興梠
MFー原口、梅崎、平川、宇賀神、啓太、柏木
DFー槙野、那須、阿部
GKー西川
サブは、加藤、濱田、坪井、関根、関口、矢島、李。出場停止の森脇に代わり阿部、柏木がボランチに入る。主審は飯田。
前半、お互いに慎重な立ち上がりとなり、単発的な攻め、DFの裏を一発で狙うような攻めに徹する。
失点した場面は、CKからショートコーナーからキッカーに戻ったボールへのプレスが甘く逆サイドまでボールが通ってしまい、その折り返しを中でフリーの長沢に決められる。ゴール前であれだけボールを振られたら中でフリーの選手が出て来るのは止むを得ない。その後も清水のパス攻撃で崩された場面めあったが、決定機は作らせなかった。浦和の攻撃も守備重視で厚みがない。
後半、ミシャは最初から永田、関根を投入。関根は右ワイドに起用されたわけですが、とにかく相手に仕掛けた行く姿勢は浦和の攻撃は活性化する。永田のフィードも効果的。後半は完全に主導権を握り、清水のDFラインを押し下げた。宇賀神→李で、原口を左ワイドに起用、こうなると完全にペッカーですが、防戦一方で足が止まった清水には、これは非常に有効的、結局、右から関根が仕掛けてクロスを送り、
李が中央でつぶれ、そのこぼれ球を左ワイドの原口が豪快にシュートを決める。

|

« 速報清水戦 | トップページ | ゼロベースからの見直し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第4節清水戦(3/23@埼スタ):

« 速報清水戦 | トップページ | ゼロベースからの見直し »