« TM FCソウル戦(2/12@ 指宿)  | トップページ | シーチケ到着 »

2014年2月15日 (土)

鹿児島へ行ってきた2014

鹿児島へ、浦和の指宿キャンプを訪ねて2泊3日の旅に行ってきました。今回は、LCCのジェットスターを利用しての旅、飛行機の発着は成田からとなりました。行きは2月10日でしたが、8日の大雪の影響で成田は陸の孤島化してしまったようです。その影響を心配して、13:30発の飛行機ですが、家を出たのは7:00、東関東自動車道は下りは開通したが登りは依然通行止め、時間もあることだし下道を通っていくことにしました。大雪の影響か、早朝から道は渋滞、野田市を経由して鹿島遠征で使う関宿街道にたどり着くのに、2時間半かかってしまいしまいました。ここからが、最悪でおそらく呼塚の交差点へ向かっての渋滞が始まっており、全く進まずという状態になる。何とか、農免道路にたどり着いて、そこも雪の影響ですれ違いが出来ない場所があり、迂回して利根川水郷ラインにはいったのが、10:30くらい、そこからは成田まで渋滞なし、空港近くの駐車場に車を預け、成田空港についたのは12:00でした。農免道路を通らなかったら完全に飛行機には間に合わなかったと思います。

Dscf0000_2ジェットスターは発着所までは、バスでの送迎でそこからタラップを使っての搭乗となります。機種はA320で、3列×2の席で狭かったです。特につらかったのは、席の角度がほぼ垂直で腰痛持ちの私にはきついものがあり、しばらくすると腰だけでなく、お腹も痛くなってしまいしまいました。2時間の旅でしたが、これが限界これ以上は無理という感じでした。鹿児島空港は普通で、飛行機から降りれまして、鹿児島市内までバスで移動。

Dscf00021泊目は、鹿児島中央駅前のホテルアービックに泊まりました。夕方でしたので、鹿児島観光は大久保、西郷、小松帯刀の銅像だけをみて終了。

Dscf0006雨も降っておりまして、天文館で晩飯を食べたかったのですが、鹿児島中央駅を駅ビルアミュで黒豚のひれかつ定食をいただきました。

Dscf0007翌日は、朝7:51発のなのはな号で指宿まで向かいました。途中のJRより桜島を狙うがうまく写真に収めることが出来ず。

Dscf0009指宿までは約1時間で到着、タクシーでいわさきホテルまで一直線で向かう。

Dscf0016練習場の環境としては最高ではないですか。ピッチの状態もよく、温泉のあり、遊ぶところも近場にはなし。サッカーに集中出来る環境ですね。

Dscf0013
選手たちも三々五々、練習時間に集まってくる。練習もサイドラインのすぐわきで見れるので、選手との距離感がこれほど近くで見れるのは、やはりキャンプでの醍醐味ですかね。

Dscf0028
練習終了後には、選手たちもファンサービスをしてくれました。あまり普段は興味のない私も、すいませんサインとカメラに一緒におさめさせてもらいました。また、GGRでは興梠選手のインタビューのところでTVに映っている自分を確認できました。(完全にミーハーになる。)

Dscf00271泊したいわさきホテルは選手と同じホテルでしたので、普通に選手と会えることが出来ます。また翌日のFCソウルとの試合では、ホテルから練習場の道すがら、端田社長と一緒になり、しばらく談笑しました。社長は前日の練習でも、見学しているサポーターにステッカーを配っていました。MDPのエクストラ号も頂きましたが、これもスタッフの方々が配ってくれたのですかね。
 指宿では、砂むし風呂と温たまらん丼を味わいました。浦和の練習を見るとこれだけでも精一杯で観光はできませんなあ。翌日のFCソウルとのTMは、天候がえらい寒く、第一試合と第二試合の前半で寒さとおしっこと空腹に耐え切れず、離脱することになりました。
 鹿児島空港には、いわさきホテルからの直行バスで約1時間半、空港では豚骨ラーメンを食べお土産を買って、20:15発、成田へは22:00到着。駐車場へは送迎バスで約30分、そこから自宅までは下道で2時間ちょっとで帰りつくことができました。

|

« TM FCソウル戦(2/12@ 指宿)  | トップページ | シーチケ到着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島へ行ってきた2014:

« TM FCソウル戦(2/12@ 指宿)  | トップページ | シーチケ到着 »