« 指宿キャンプ | トップページ | 2014シーズン日程発表 »

2014年1月30日 (木)

マルシオ長期離脱

マルシオが膝の故障により、全治6ヶ月で長期離脱することがオフィシャルで発表されました。
浦和が昨シーズンの終盤に失速してしまった時期と、マルシオが怪我で離脱してしまった時期がかぶる事を考えればマルシオの役割は浦和にとって非常に大きい事が伺いしれる。前に行きたがる選手が多く、試合の終盤になると中盤が間延びしてしまい、チームバランスが崩れてしまうのが浦和の弱点でありますが、マルシオが起用されるとキープ力があり、守備も一生懸命するマルシオは無双で、浦和にとってはまさにスーパーサブ的存在でありました。
しかし、昨シーズンにした故障の治療が今まで長引いてしまったのか疑問です。膝の機能不全という事で、それがどういうものなのかわかりませんが、故障と同時に手術に踏み切れば全治6ヶ月としても、中断前くらいのタイミングで復帰の可能性はあったわけですね。浦和のメディカルスタッフの対応ぶりについて疑問がわきます。ただ膝の機能不全という診断がその辺の理由となるのでしょうか。
攻撃的選手は、李の加入、直輝の復帰でメンツ的には足りています。そして、矢島、関根の若手二人、いずれもマルシオとタイプは違いますが、残った選手でマルシオの穴を埋めて欲しいところです。

|

« 指宿キャンプ | トップページ | 2014シーズン日程発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルシオ長期離脱:

« 指宿キャンプ | トップページ | 2014シーズン日程発表 »