« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月30日 (木)

マルシオ長期離脱

マルシオが膝の故障により、全治6ヶ月で長期離脱することがオフィシャルで発表されました。
浦和が昨シーズンの終盤に失速してしまった時期と、マルシオが怪我で離脱してしまった時期がかぶる事を考えればマルシオの役割は浦和にとって非常に大きい事が伺いしれる。前に行きたがる選手が多く、試合の終盤になると中盤が間延びしてしまい、チームバランスが崩れてしまうのが浦和の弱点でありますが、マルシオが起用されるとキープ力があり、守備も一生懸命するマルシオは無双で、浦和にとってはまさにスーパーサブ的存在でありました。
しかし、昨シーズンにした故障の治療が今まで長引いてしまったのか疑問です。膝の機能不全という事で、それがどういうものなのかわかりませんが、故障と同時に手術に踏み切れば全治6ヶ月としても、中断前くらいのタイミングで復帰の可能性はあったわけですね。浦和のメディカルスタッフの対応ぶりについて疑問がわきます。ただ膝の機能不全という診断がその辺の理由となるのでしょうか。
攻撃的選手は、李の加入、直輝の復帰でメンツ的には足りています。そして、矢島、関根の若手二人、いずれもマルシオとタイプは違いますが、残った選手でマルシオの穴を埋めて欲しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月29日 (水)

指宿キャンプ

二次キャンプは例年通り指宿で行われることがオフィシャルでも発表されました。TMでは、FCソウル、長崎と浦和に関係深い選手がいるチームとの対戦も組まれた。

2014シーズンの第二次トレーニングキャンプを鹿児島県指宿市で実施いたします。
【期間】2014年2月6日(木)〜2月16日(日)
【練習場】指宿いわさきホテル内サッカー場(鹿児島県指宿市十二町3755)

【練習】期間中は、主に午前・午後の二部練習、トレーニングマッチを予定
【トレーニングマッチ予定】
2月9日(日)vsジュビロ磐田(キックオフ時刻未定 指宿いわさきホテル内サッカー場)
2月12日(水)vsFCソウル(キックオフ時刻未定 指宿いわさきホテル内サッカー場)
2月15日(土)vsV・ファーレン長崎(キックオフ時刻未定 指宿いわさきホテル内サッカー場)
※スケジュールは変更になる可能性がございます。※トレーニング時刻、キックオフ時刻未定の試合については、決まり次第オフィシャルホームページ等でご案内いたします。
◆指宿いわさきホテルサッカー場の案内ページへ

という事で、今年こそは指宿へ行っでてみたいと思います。飛行機はLLC、いわさきホテルはこの時期は結構リーズナブルな値段で泊まれますね。セルとの対戦を見てみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月27日 (月)

TM  ホンダロック&鹿児島U

 関根がハットトリックで矢島も2ゴール、う~ん禁断症が出てきそうです。今週中に宮崎キャンプは終了して2月2日が駒場でレッズフェスタ行ってみましょうか。大原に行くとしたら、2月1日か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月24日 (金)

暢久引退へ

とうとう来る日がきてしまいましたね。昨シーズンで浦和を退団した暢久が現役を引退することが23日、分かった。今日24日にも発表される。今後は浦和のスタッフとしてチーム運営に携わる。
 20年間、浦和一筋だった山田は昨季終盤、14年シーズンは戦力外であることを通告されていた。クラブ側からは、功労者ゆえにスタッフとして残ることを打診されていたが、他クラブに移籍しての現役続行か引退かで揺れていた。いくつかのクラブから接触はあったものの、今月中旬に浦和幹部と話し合い、引退してスタッフ入りすることを正式に伝えたもよう。
 昨季のリーグ戦は10試合に出場。10月27日の柏戦でJリーグ史上3人目となる、通算500試合出場を達成した。最終節でチームはC大阪に敗れたものの、サポーターが背番号6にちなんだコレオグラフィー(人文字)で退団セレモニーに花を添えるなど、愛される存在だった。14年シーズンから背番号6は生え抜きの山田直輝に引き継がれ、昨季出来なかった優勝を託すこととなった。今後はスタッフとして第2の山田暢久を育てていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月21日 (火)

宮崎キャンプ

第一次キャンプは宮崎で行っているわけですが、青木は足首の捻挫で途中離脱した模様ですね。フィジカル中心の厳しいトレーニングで選手もかなり堪えているようです。その合間をついてのゲーム形式の練習で 、ミシャは守備の連携についても、かなり突っ込んだ指導をしているようです。昨シーズン終盤の守備崩壊、その修正、守備の戦術を今から徹底して来ている。
西川と李の合流は今日から、西川からは守備の中心としての働き、李は興梠のバックアッパーなんでしょうな、シャドウーもこなせる等、浦和に取ってはメリットも多い。マルシオがいきなり故障でキャンプを離脱してしまいましたので、前目の選手の競争は厳しくなってくるでしょうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月18日 (土)

阪神大震災から19年

阪神大震災から、はや19年が過ぎました。今年、東日本大震災は発生してもこの経験は決して風化しない。
 何故か、私も神戸には何の縁もゆかりも無かったのですが、リーマンの悲しいサガ。転勤を命じられ、神戸勤務しているさなか地震に遭遇してしまいました。 神戸勤務の間は、全くといっていいほどJには興味はありませんでした。さて、95年1月17日は、3連休明けだったと思います。前々日は、のんびりと吉川カントリーでゴルフをしていました。帰りの中国自動車道で夕焼けの色が、おかしいとかそんな会話をしていました。しかし、あんな地震が襲ってくる予兆なのかなとは、夢にも思いもよりませんでした。
 17日の午前5時46分に地震はやってきました。当時、私は兵庫県伊丹市の社宅に住んでいました。地震が起こった時は、当然寝ていましたが、気がついたのは音でした。ものすごい地鳴りが襲ってきて、その後物凄い揺れに襲われました。伊丹の社宅でしたので、最初は飛行機が墜落したのかなと思いました。その後は、何がなにか全くわからなくなりました。揺れがおさまって、一段落したところで、これは地震だったのだなとようやく気ずきました。
 しかし、しがないリーマンとしては、会社のことが心配でした。テレビを見ると、神戸市内は火事で大変なことになっておるようです。当然電車等の公共機関は止まっていたので、自家用車で神戸を目指しました。まずは、伊丹から南下して湾岸沿いのR43号を目指しました。R43号で武庫川をわたりましたが、R43号は通行不能になり、また北へ下りR2号をめざす。R43号を通行できなくなったのは当然ですよね、だって、そう上を高架で走っている阪神高速が倒壊してしまったから。後で現場を見ましたが、不謹慎ですが笑いしか起きませんでした。だって、誰が高速道路が倒壊することなど、想像できましたか? R2号も西宮を過ぎると、夙川あたりで動かなくなってしまい、一路さらに北へ。六麓荘あたりをとおり(六甲山の麓あたりは岩盤がしっかりしているようで、被害はあまり無かったようです)、なんとか元町のオフィスの到着したのは、3時ごろ。当然オフィスに到着してもやることは、何も無し。当日は、これにて解散。
 それからが、地獄でした。神戸かた大阪方面へ移動できる道路はR2号だけで、そこに神戸を脱出する車が集中。翌日の朝になっても、芦屋川あたり。ガソリンを無くなってきてしまい、どうしよもなく中央分離帯の芝生地帯に車を乗り捨てることに。阪急が、西宮北口まで運転を再開したとのことで、約8キロくらい、歩って2時間くらいの距離を移動する。伊丹の社宅にたどりついたのは、翌日の午後5時でした。

 その教訓として、あのくらいの大地震が起こったら、会社に行くなんてことを考えたら駄目。まずは、家族の安全を確保して、次は地域の方々の安全の確保です。無理して、会社にいっても何もすることはありません。無理して、出勤して2次災害に遭遇する可能性もあります。絶対に無理はしてはいけません。
 また家族とも、災害が起こった時の対応について決めておく必要はありますね。当時は、携帯の出始めで固定電話も通じないが携帯は通じたという事象はおこった。携帯は、比較的楽に連絡とれた記憶がおります。しかし、現在ではそうもいかんでしょう、正月のハッピーニューイヤーで通じなくなってしまうくらいだから。
 とにかく、1社会人として、何をなさなくてはならないか。これを行動の基準にしておくべきです。会社に行くより、地域で災害にあい、救出を求めている人がいたら、まずは救出を最優先するべきです。それと、家族は一番大事にするべきです。あのような大災害が起こったら、絶対に会社なんかに出勤したらダメです。2次災害にあう危険もあるわけですから。実家の母親とは12時間近く連絡がとれず、その時のことは今でも責められます。またあの地震が2時間後だったらと思うとぞっとします。2時間後は通勤で三宮駅周辺にいましたので、まず命は無かったでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月16日 (木)

橋本社長退任へ

橋本社長の退任が発表されました。09年シーズンから5年にわたって、浦和においては過去最高の期間勤められたわけで、フィンケ→ゼリコ→ミシャと3人の監督の時期になるわけですが、前半は非常に厳しい、特にゼリコの時代は降格一歩手前まで行ってしまいました。しかし、幸運にも幸運にもミシャを引き当てたことによって、最後は帳尻が合ったという感じですかね。
ただ、辛い時期にも前面にたちサポからのブーイングも最前線で受け止めてくれた。09年シーズンの最終戦の雨の中での挨拶、お詫びしかなく、最後は雨に打たれながら土下座でもしてしまいそうな感じでしたね。
ですから、ひょっこりと埼スタの南広場に現れたり、アウェイの並びの列にも気さくに挨拶に現れたり、ナビの前日抽選にも現れていました。社長さんというよりはどこにでもいる気さくなオッサンという感じでしたね。
新しい社長は三菱自工の販売会社から来るようで、筆頭株主総会Gの会社からの順送りと言うことなのでしょうが、浦和の社長は定年後の名誉職としてとられのなら務まらないポストだと思います。どんな方針を打ち出して来るか、先ずはお手並み拝見です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月15日 (水)

2014シーズン始動

さあ、いよいよ2014シーズン始動、新加入選手、背番号、新ユニフォームの発表がありました。
背番号/ポジション/登録名/NAME
1 GK 山岸 範宏 YAMAGISHI Norihiro
2 DF 坪井 慶介 TSUBOI Keisuke
3 MF 宇賀神 友弥 UGAJIN Tomoya
4 DF 那須 大亮 NASU Daisuke
5 DF 槙野 智章 MAKINO Tomoaki
6 MF 山田 直輝 YAMADA Naoki
7 MF 梅崎 司 UMESAKI Tsukasa
8 MF 柏木 陽介 KASHIWAGI Yosuke
9 FW 原口 元気 HARAGUCHI Genki
10 MF マルシオ リシャルデス Marcio RICHARDES
11 MF 関口 訓充 SEKIGUCHI Kunimitsu
12 DF 濱田 水輝 HAMADA Mizuki
13 MF 鈴木 啓太 SUZUKI Keita
14 MF 平川 忠亮 HIRAKAWA Tadaaki
16 MF 青木 拓矢 AOKI Takuya
17 DF 永田 充 NAGATA Mitsuru
18 GK 加藤 順大 KATO Nobuhiro
19 FW 阪野 豊史 SAKANO Toyofumi
21 GK 西川 周作 NISHIKAWA Shusaku
22 MF 阿部 勇樹 ABE Yuki
26 MF 関根 貴大 SEKINE Takahiro
29 MF 矢島 慎也 YAJIMA Shinya
30 FW 興梠 慎三 KOROKI Shinzo
46 DF 森脇 良太 MORIWAKI Ryota
ここで注目されるのは、レジェンドナンバーと言われるようなNo6とNo9
にそれぞれ直輝、原口が付けた事、新しい浦和の息吹きを何となく感じます。
新加入は西川、青木、関根、濱田の4人で、それぞれ新シーズンへの意気込みを語ってくれた。期待しています。
新ユニフォームについてはこちら、カモフラージュ柄?なんか微妙ですね。遠目からみると去年とあまり変わらないような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月13日 (月)

車購入

昨日は家電購入でエントリーしましたが、今日は車の購入というこでエントリーします。

現在のっている車はホンダのオルティアで、神戸から帰ってきて長男が生まれた後に、浦和のシーチケが当選した1998年に購入した車をずっと乗っていました。ステーションワゴンで使い勝手がよく、年間3~5000㎞しかのらないから、走行距離57000㎞なので故障もしない。というか、良い車にあたったということですかね。この間の車検でシャブトのブーツカムシャフトからオイル漏れを指摘されたくらいで、故障らしい故障はない。PWの故障が1回あったくらいか。本当にメイド・イン・ジャパンの優秀性を示しているような車でした。
 今回はアベノミクスで所有している投信と株式が値上がりしてきたので、買い替えることにしました。ホンダでフィトを購入しようとしたのですが、株式の値上がりもあり、フリードにしようと思いましたが我が家のマンションの駐車場に入らず断念、フィット・シャトルにしました。試乗してみてみると、さすがに16年前の車とは質感が全然違う。ステアリングホィールが革巻きで、シートも半分本皮風、ナビ(スタンダード)とアルミホィールをオプションで選択、ナビもバックソナーがついているのものにしました。
 総支払額を200万円を目標に交渉開始、4月から消費税が上がると9万円支払額がアップなるという説明でしたが、9万÷3%=300万ですよねえ、この計算のどういう根拠があるのか疑問に思うところです。車は消費税値上げ前までに納車を行わねばならないということで、人気車種ですと3月内での納車の車種は無理なものもあるようで、注文するならそろそろ今が限界のようです。205万とか言われて、別のディーラーに行ったらあっさり200万が出て、再度ファイナルアンサーということで金額を求めたら198万になりました。これにトノカバーをつけさせて、契約することにしました。
 さて問題はいつのタイミングで株式を売却するか、結構これも面倒ですが、過去の例からいえば変に欲張って損をするタイプですので、明日の寄り付きで売却してしまおう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

消費税値上げ

今年の4月から消費税が値上がりになる。我が家でも家電製品でそろそろ寿命になるものの買い替えを検討しようと、まずは購入年月日を調べててみました。
液晶テレビ、DVDレコーダー・・・2007年6月
洗濯機・・・2006年6月
LDKクーラー・・・2003年1月
食洗機・・・2006年1月
掃除機・・・2006年11月
電子レンジ・・・2006年6月
ノートPC・・・2008年8月
クーラー、液晶TV、DVDレコーダーはまだまだ壊れる気配なし。あと3年は大丈夫だろう。電子レンジはもう壊れており、温めしかできない。食洗機、掃除機も凄い音がしていつ壊れてもおかしくない。洗濯機も、いまいち調子がおかしいし、乾燥ができるドラム式に買い替えたい。ノートPCも過去の経験からすれば、5年で壊れるのですが、いまのところ大丈夫。
 とりあえず、今壊れしまっている電子レンジを新春の初売りで購入しようと思いました。いろいろと機能がある高額な商品もあるのですが、基本機能で2万円台と思ってコジマ、でんきちをのぞいてみましたが思うようなものがばい。そこで、ネットで調べてみるとノジマ・ネットが最安値を出している。ノジマでネット価格まで下げてくれるということですが、電子レンジとはいえ結構な大きさなので、ノジマネットで申し込みました。
 ノジマネットは1500円の購入で送料無料になるみたいです。電子レンジとBD50枚を購入しました。注文した翌々日には商品は届きました。購入したのは東芝の石窯ドームLD-7で、うちにはこれで十分です。価格.comでもノジマネットがいまでも最安?設置が自分で出来、回収が定められていない大型家電以外ならネット、特に大手家電のネットが便利なようなきがします。大手家電の消費税増税の前の駆け込み購入をあてにして結構価格を下げてきているようです。
 ただ、消費税があがるからといっても、あわてて購入する必要はないのかもしれませんね。最近の家電は1年ごとに新しい商品がでてくるから、その直前に購入するのもひとつのてかもしれない。食洗機はパナしか作らなくなってしまったようです。こういうのは消費税増税前に購入しておいても良いのかもしれない。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 9日 (木)

去り行く人達

小島の徳島へのレンタル移籍が発表されました。小島はプラチナ世代と言われる中で代表入りして、入団1年目からリーグ戦への出場機会も与えられ、若手の中でも期待の星であったわけです。それが3年目の去年は出場機会に恵まれず、更には同ポジションの青木が移籍してくることになり、レンタル移籍はやむ無しという状況に追いつめられてしまったわけです。
残念ですね。啓太、阿部という厚い壁があったわけですが、二人ともベテランの域に入っており、今シーズンでは衰えを隠せない場面も散見された。それでもベンチに入る機会さえも無いとなると、活躍の場面を求めるのはプロの選手としては当然ですね。
レンタル先は今シーズンよりJ1に昇格した徳島ですから、ここでキッチリとレギュラーを確保して結果を残して欲しいところです。
峻希、濱田も対称的というか、なかなか上手い結果にはなりませんでしたね。峻希は千葉でレギュラーは確保したものの、2年レンタルで今シーズンからは神戸へ完全移籍。濱田はレンタル先の新潟では出場機会さえ与えられないかたちで浦和に出戻り、二人とも非常に残念は結果となってしまいました。浦和でレンタルに出され、戻ってきて活躍した選手はいない。小島には是非ともこのジンクスを破って欲しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 7日 (火)

移籍情報

移籍情報に関してですが、大体決まって来ましたか。
GKは西川の移籍が正式に決定、代わりに大谷が北九州へレンタル移籍することになった。西川は日本代表だが年俸は1億円は結構高いよね。GKは、西川、加藤、山岸と実績のある3人制となるわけですが、一人はベンチにも入れず、紅白戦にも出れない。山岸の仙台移籍が噂されていますが、2人制にしてどちらか怪我でもしたら大変な事になってしまいます。かといっても、3人目には非常に厳しい現実が待っています。
大宮から青木が移籍して来ましたが、啓太にしても、阿部にしても昨シーズンは衰えが目につくようになりましたので、この移籍はヒット、ここは新潟からレオシルバを強奪してもらいたかった。FWでは、李忠成の移籍が噂されていますが、どうなんでしょうか。確かに興梠だけでは選手層の薄さは問題なところですが、実現したらミシャの選手起用にも注目が集まります。
外人枠はどうなんでしょうか。アジア枠も入れれば後三人の枠があるのですが、サプライズ移籍を期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 5日 (日)

お正月休み

お正月休みも今日で終了ですが、今年は日並びがよく6連休で、お正月気分を味わいました。まあ、体をいたわりながらボチボチとやっていきましょう。
 しかし、TVのお正月特番は本当に見るにたえないものが多くなってしまった。未熟な芸人使っての安易なお笑い番組にはえきへきとする。テレ東の新春時代劇も、スポンサーのヤマダ電機の業績いまいちで12時間が6時間になってしまったのは残念でした。箱根駅伝も柏原がいなくなってしまい、見どころは1区の競り合いと2区のオムワンバのリタイアしたところなんて非常識なことをいってすいません。昔、人類の誕生をさかのぼる「グレートジャーニー」でしたっけ、あのような硬派な番組はもう受けいられることは無いのでしょうね。なんかさみしい。さて、明日からは仕事始めですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

新年おめでとうございます

 年を追うごとにパワーダウンしていく弊ブログ、twitterとかあるのだからそっちにすれば良いのですが、なかなかつぶやくことも出来ずに止めるに止められなくなってしまっている状態です。アクアについては完全に冠から外すべきです。完全撤退してしまいました。
 浦和についていえば、ホームはすべて参戦しましたが、アウエーは鹿島、国立のみという寂しい結果となりました。
SBシートについては、ホーム側の良席にしてくれないと来年からは更新を止めるとして手続きをしたら、ホーム側の最内最前列のブロックが当たりました。席についてはいうことは無しです。感覚的には座っているゴール裏的で、ネガティブなヤジをする方がいないのは良いです。しかし、シジラーは多いですね。特に、「取りどころ」おじさんにはちと閉口気味です。 
4月からスポーツジムに加入することになり、それなりに水泳で体を鍛えたいというか、腰痛の再発をケアしたいと思います。最初のうちだけで、しばらくしたらサウナ&スパの利用しかしないなんて家族の笑い物になるのがみえている。 
とにかく、今年年も最低限、浦和の観戦記の更新&アウエー漫遊記はしたいと思います。1年間お付き合いいただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »