« 西川お見事 | トップページ | 新年おめでとうございます »

2013年12月31日 (火)

今シーズンを振り返って

 完全に放置プレー状態となってしまった弊ブログ、その間Twitterでつぶやくこともままならず、生来面倒くさがりなので、これは止むを得ないことなのですが・・・
 今年もようやく大晦日になり、今年を振り返るきがおこりました。というのも、今シーズンは余りに終わり方ひどかったため、そういう気になかなかなれませんでした。アウエー遠征も、去年は札幌、鳥栖と行ったのですが、今年は鹿島のみ、国立さえ瓦斯戦は欠席という体たらくになってしまいました。ホームは皆勤賞と思ったのですが、広州恒大戦に行っていませんで皆勤賞ならず。
 今シーズンは、興梠、森脇、那須と移籍してきたくれた選手達が期待通りの働きをしてくれた。特に興梠は前線でのためを上手く作ってくれて、得点以上の働きをみせてくれた気がします。しかし、難しいシュートは決めるが簡単なシュートを外す場面も見受けられ、その辺に課題を残しました。興梠が前線でタメを作っている間に、素早く興梠をフォロー出来ていればいいのですが、試合終盤になり、中盤が間延びしてしまうと孤立してしまう場面が目立った。特に、マルシオが不在の時はなおさらでした。
 マルシオは、中盤間延びした時に投入されると無双という感じがしました。運動量があり、キープも出来るので、ジョーカーとしはまさにうってつけでした。終盤の失速はマルシオが怪我で不在となってしまったことが大きかったのかも知れない。
 那須についても、クロザー的な役割が期待されての移籍だったのかもしれないが、永田の故障でポジションを奪うとその後の活躍は見事でした。リベロの那須が上がっていけば、相手のDFにズレは必ずできるわけで、そこを上手くついて得点もあげていましたが、そこは両刃の刃ということでしょうかね。槙野、森脇と元来攻撃が好きなDFですので、DF陣が皆上がってしまい、カウンターで失点という場面が多すぎ、守備でのバランスを取るということからすれば課題を残した。
 森脇も、ミドルを決めたり攻撃では味を出してくれたが、やはり守備はいまいちでした。槙野とともに、WBと連携して攻めるときはコンビネーションは出来ていると思うのだが、守備となると連携は構築されておらず、どういうタイミングで相手ボールを奪い取りに行くかの決めごと見たいなものは無し。だから、浦和の守備の全体的に言えることだが、守備の選手は足りているのだが、ボールウッチャーになってしまい、やすやすと失点という場面が多すぎ。リーグ戦の残り4試合で15失点でしたっけ、これなどまさにその典型ですね。
 ミシャ戦術は攻撃では、それなりの形をみせてくれました。関口も序盤は肩に力が入りすぎという感じがしましたが、後半戦に入ってくるとチームにフィットするようになり、来シーズンにかけては期待が持てそうです。
 来シーズンの課題はやはり守備でしょうね。得点を取るのと、失点を防ぐ、どちらの確率が高いかというと、失点を防ぐ方が圧倒的に高いと思います。勝負強いチームとはやはり不格好でもなんとか守備で守り抜くということだと思います。確かにミシャのサッカーは攻めるということでは非常に面白くいわゆる金の取れるサッカーを見せてくれる。しかし、勝負強いサッカーという観点からすれば、ダメですよね。一旦ペースを崩してしまうと今シーズンの終盤のような事態になってしまうわけです。
 今シーズンについては、ナビスコ決勝の前までは満点に近い出来だったと思うのです。ナビスコ決勝で敗れ、浦和対策をやられた、それを突き崩すには更に攻めるという発想だったのでしょうか。02年の「負けないよ!」以来の経験をしてしまったわけです。来シーズンの課題は、守備です。これも、個人の力ではなく、チームとしていかに組織的に連動して守っていくことだと思います。攻めであれだけの連動性をみせてくれているので、守備で連動性を構築する方がたやすいことだと思います。オフが今年は長いわけで、その分だけチーム戦術を磨く時間は十分にあるはずです。来年はミシャサッカーの集大成にもあたると思います。

|

« 西川お見事 | トップページ | 新年おめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今シーズンを振り返って:

« 西川お見事 | トップページ | 新年おめでとうございます »