« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

今シーズンを振り返って

 完全に放置プレー状態となってしまった弊ブログ、その間Twitterでつぶやくこともままならず、生来面倒くさがりなので、これは止むを得ないことなのですが・・・
 今年もようやく大晦日になり、今年を振り返るきがおこりました。というのも、今シーズンは余りに終わり方ひどかったため、そういう気になかなかなれませんでした。アウエー遠征も、去年は札幌、鳥栖と行ったのですが、今年は鹿島のみ、国立さえ瓦斯戦は欠席という体たらくになってしまいました。ホームは皆勤賞と思ったのですが、広州恒大戦に行っていませんで皆勤賞ならず。
 今シーズンは、興梠、森脇、那須と移籍してきたくれた選手達が期待通りの働きをしてくれた。特に興梠は前線でのためを上手く作ってくれて、得点以上の働きをみせてくれた気がします。しかし、難しいシュートは決めるが簡単なシュートを外す場面も見受けられ、その辺に課題を残しました。興梠が前線でタメを作っている間に、素早く興梠をフォロー出来ていればいいのですが、試合終盤になり、中盤が間延びしてしまうと孤立してしまう場面が目立った。特に、マルシオが不在の時はなおさらでした。
 マルシオは、中盤間延びした時に投入されると無双という感じがしました。運動量があり、キープも出来るので、ジョーカーとしはまさにうってつけでした。終盤の失速はマルシオが怪我で不在となってしまったことが大きかったのかも知れない。
 那須についても、クロザー的な役割が期待されての移籍だったのかもしれないが、永田の故障でポジションを奪うとその後の活躍は見事でした。リベロの那須が上がっていけば、相手のDFにズレは必ずできるわけで、そこを上手くついて得点もあげていましたが、そこは両刃の刃ということでしょうかね。槙野、森脇と元来攻撃が好きなDFですので、DF陣が皆上がってしまい、カウンターで失点という場面が多すぎ、守備でのバランスを取るということからすれば課題を残した。
 森脇も、ミドルを決めたり攻撃では味を出してくれたが、やはり守備はいまいちでした。槙野とともに、WBと連携して攻めるときはコンビネーションは出来ていると思うのだが、守備となると連携は構築されておらず、どういうタイミングで相手ボールを奪い取りに行くかの決めごと見たいなものは無し。だから、浦和の守備の全体的に言えることだが、守備の選手は足りているのだが、ボールウッチャーになってしまい、やすやすと失点という場面が多すぎ。リーグ戦の残り4試合で15失点でしたっけ、これなどまさにその典型ですね。
 ミシャ戦術は攻撃では、それなりの形をみせてくれました。関口も序盤は肩に力が入りすぎという感じがしましたが、後半戦に入ってくるとチームにフィットするようになり、来シーズンにかけては期待が持てそうです。
 来シーズンの課題はやはり守備でしょうね。得点を取るのと、失点を防ぐ、どちらの確率が高いかというと、失点を防ぐ方が圧倒的に高いと思います。勝負強いチームとはやはり不格好でもなんとか守備で守り抜くということだと思います。確かにミシャのサッカーは攻めるということでは非常に面白くいわゆる金の取れるサッカーを見せてくれる。しかし、勝負強いサッカーという観点からすれば、ダメですよね。一旦ペースを崩してしまうと今シーズンの終盤のような事態になってしまうわけです。
 今シーズンについては、ナビスコ決勝の前までは満点に近い出来だったと思うのです。ナビスコ決勝で敗れ、浦和対策をやられた、それを突き崩すには更に攻めるという発想だったのでしょうか。02年の「負けないよ!」以来の経験をしてしまったわけです。来シーズンの課題は、守備です。これも、個人の力ではなく、チームとしていかに組織的に連動して守っていくことだと思います。攻めであれだけの連動性をみせてくれているので、守備で連動性を構築する方がたやすいことだと思います。オフが今年は長いわけで、その分だけチーム戦術を磨く時間は十分にあるはずです。来年はミシャサッカーの集大成にもあたると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月30日 (月)

西川お見事

浦和への移籍が決定的な広島の西川ですが、天皇杯の準決勝瓦斯戦では見せてくれました。
3人目が終わったところで、1-3の絶体絶命の大ピンチ。ここから、4人目で西川がGKの動きを見極めて、ゴールど真中に決めると、後は流れを完全に引き寄せた。集中力は極限まで研ぎ澄まされていた。死闘の末もつれ込んだPK戦。先に2人が失敗し、1―3で迎えたFC東京4人目。決められれば終戦という状況で西川が圧倒的な存在感を放った。右に飛んで止めると、同じく絶体絶命の状況で迎えた5人目もストップ。振り出しに戻して迎えた7人目、ドンピシャのタイミングでボールをはじくと「勝利を確信した」とガッツポーズ。「3本止めるから」とチームメートに約束した通りの働きで、奇跡の決勝進出に導いた。
広島の今季の日程が終了するまで正式発表はないようで、お年玉というとこですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月22日 (日)

シーズンオフ

 天皇杯も無し、終盤の見事なくらいの失速、Twitterもブログも放りっぱなし。いつものようにシーズンを振り返る気力もなし。ナビスコ・ファイナルから一気に地獄へ・・・

 CWCも6年も前の話となってしまい、遠い過去のような気がします。バイエルンは強かった。ロナウジーニョの報復行為の蹴りは相手に当たってないじゃない?その前のロナウジーニョを踏みつける行為のほうが悪質なような気がしました。まあ、どうでもいいや。年賀状でも書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月16日 (月)

CWC

今年のCWCはアフリカのモロッコで行われているわけで、国外かつJのチームが出ていないと、ファイナルしか興味が無くなってしまう。
とは言うものの一応、広州恒大vsアルアハリの試合を軽く見ました。広州恒大は相変わらず、ムリキ、コンカ、エウケソンの前三人の個の力は強烈でしたね。特にムリキ、スピードがあり相手DFの裏を取るのが滅茶苦茶上手い。ムリキが抜け出して、こぼれたボールをエウケソン、コンカが詰めて決めるという、同じパターンで得点、ムリキ恐るべしという感じでした。あとは後ろの中国人できっちり守って快勝でしたね。勝つために効率のよいシステムと言うことからすれば、広州恒大のシステムは利にかなっている。
広州恒大は次はバイエルンとの戦い、バイエルンの優位は間違いの無いところですが、ひょっとしたらという気持ちが無いわけでない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月11日 (水)

Jアウォーズ

Jアウォーズが行われ、MVPとベストイレブンが発表されました。
MVPは横浜の中村俊輔で2回目の受賞、横浜が優勝を逃した時点で中村俊輔の受賞は無いのかなと思いましたが、やはり落ち着くところに落ち着いた印象です。中村俊輔は年のわりには走り回り、守備にも奮闘、横浜の躍進に貢献していましたね。
浦和からは、那須が初受賞となりました。DFで9得点と言うこととこが評価されたのですかね。柏から移籍で、クローザー役を期待されたの移籍だったかと思いましたが、リベロのポジションを奪い取っての受賞、お見事でした。
ベストゴール賞は柿谷、こいつ本当に上手いわ。金の取れるプレイヤーですね。欧州移籍してしまうのかな、こういう選手はJに残っていて欲しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月10日 (火)

昇格プレーオフ

J1、J2のプレーオフそれなりに盛り上がりましたね。京都vs徳島は東京の国立競技場で行われたのにもかかわらず、23000人の入りでゴール裏はほぼ満員の入りとなった。
結果は、徳島が2-0の勝利、京都からすれば2年連続の3位ながら、J1昇格ならずと全くもって、やるせない結果となってしまいました。やっているサッカーは悪くないのだが・・・と悔しさを吐き出す大木監督にしても残念な結果となってしまいました。フィンケ時代の浦和のようになってしまいました。
徳島は前半を終えて15位と低迷していたが後半に挽回して、J1に滑り込みと言うことになりました。守備は固く数少ないチャンスを泥臭く決めていく、J2を勝ち抜いて行くには会っているのでしょうね。
徳島のホームは鳴門市にありアクセスは最悪なスタジアムのようです。三宮から高速バスで、鳴門大橋を渡って行くのが良いようです。行ってみたい気もするが、なんか大変そうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 9日 (月)

第34節C大阪戦(12/7@埼スタ)

 ミシャが積み上げてきたものが、終盤の4試合で崩れ去ってしまったかような、最後に駄目だしに念を押したような試合になってしまいました。しかし、4試合で15失点これでは優勝なんて言うのはおこがましいわ。暢久の最後に試合となり、試合後のセレモニーの相殺されたような形となってしまいましたが、ミシャの戦術のなかで守備に関するものは全くないのか、守備は完全に個人の能力任せなのでしょうか?
 試合は、前半は慎重にゲームを進めて柏木→原口で、DFラインの裏に出て先制点を奪ったところまでは良かった。その後、柏木がGKのこぼれ球をシュートミスをしたところからケチがついたのか、杉本のシュートはDFに当たって不運なかたちでの失点でしたが、その後は人はいるのだが、ボールにいっていない、簡単に1対1で振り切られてしまう。前半のATに逆転されるともういけません。
 後半に入ると、イケイケ感で焦ってパスミスを犯して、カウンターを食らうというお決まりのパターン、それでも興梠のシュートで1点差に追い上げたまでは良かったが、直後に失点。後は、打ち合いというか、打ち合いにもならず攻撃を浴びまくり、山岸のセーブがなかったら柿谷にダブル・ハットトリックでも取られてもおかしくない様なひどい内容でした。
 試合後に社長にブーイングは無いと思いますが、ゲームのうっぷんの吐け口になってしまった社長は気の毒でした。
 守備陣をいかに立て直していくか、これが来年の課題となりますが、ミシャはそれにたいしての答えはもっているのか?非常に心配になる一戦でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 8日 (日)

速報C大阪戦

速報C大阪戦
最終ホーム戦、リーグ戦の優勝の可能性は無くなったが勝ってACLの出場権は勝ち取りたいところです。C大阪には今が旬の柿谷、蛍等の人材がいるだけに一筋縄ではいかんでしょう。
スタメンは
FWー興梠
MFー原口、柏木、平川、宇賀神、啓太、阿部
DFー槙野、那須、森脇
GKー山岸
サブは、加藤、坪井、永田、梅崎、関口、直輝、暢久。マルシオは今日もベンチ入りならず。主審は木村。
前半、慎重に試合を運ぶ浦和、サイドからもバランスを取って攻める。C大阪は蛍が急にボール奪取にくるが、あとはさしたるプレスもかけず。浦和はカウンターから右サイドから原口が決める。その後も浦和の時間帯が続く。興梠カウンターからGKのミスを柏木が決められず。
その後はC大阪ペースとなる。バイタルでフリーの杉本のシュートは防いだかに見えたが、DFに当たりコースが変わりゴールイン。ATに右サイドを深く抉られて、クリアしきれず、南野に決められ逆転。2失点とも今シーズンを象徴するような安っぽい失点。
後半、何をか言わんやの酷い展開、リードされて皆前に行ってしまう。チームとして全く機能していない。守備を立て直すしかない。ピッチ内での真のリーダーを求む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 6日 (金)

明日はC大阪戦

長かったリーグ戦も明日で終了、浦和は既に天皇杯でも敗退しているため、いつもより早い時期にシーズンオフ突入になってしまう。
前節の鳥栖戦の敗退によりリーグ戦優勝の可能性が無くなりました。ナビスコファイナル以降、対戦相手は浦和対策をしいてくるのに対して、有効な対策が打てずに、結局無理に攻めに出てバランスを崩して、傷口を広げてしまうパターンが続いています。
サイド攻撃はある程度目をつむり、中をきっちり固められてしまうといけません。クロスの精度がないのですね。あてずっぽうなクロスで中を固めた相手DFに跳ね返されるだけ。
C大阪は柿谷、蛍ら今が旬の選手が多い。調子にのせてしまうと厄介です。浦和にとっては先制点が必要です。勝てば3位でACLです。少なくても去年並の成績の確保はして欲しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 5日 (木)

リーグ戦終盤

今週末でリーグ戦も終了 、選手の契約の話しもでてきました。昨日は、元浦和の吉野、盛田の契約満了の話しが出て来ました。
吉野は伸二の1学年下、故障で長期離脱した伸二のあとと出てきたが、福西に削られて大怪我をおってしまったのですよね。浦和では残念ながらポジションをつかむとこが出来ずに湘南に移籍しました。テクニシャンで期待もしていましたが残念な話しでした。
盛田も浦和の電柱として、効き足は頭ということでしたが、実力発揮出来ずに移籍し、広島でDFにコンバートされて、その後結構長く活躍していましたね。ラーメン屋を開くのが夢のようで、第二の人生での活躍をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 2日 (月)

第33節鳥栖戦(11/30@ ベアスタ)

終わって見れば、1-4の大敗で内容的にも順当な結果でしたね。鳥栖はハードワークのチーム、前からプレスをかけてくるのは分かっていたはずなのですが、そこを小気味良くパスを繋いで行けば良かったのですが。序盤から皆川攻めにはやりバランスを崩してしまいました。そこでCKからの失点、負けるべくして負ける展開にものの見事に引き込まれてしまった。そして、パスミスから事もあろうにフリーにしてはいけない豊田をフリーにしてしまい連続失点。
こうなると鳥栖はこうなると、中の守備を固めてサイドからの浦和の攻撃に対してはある程度目をつぶる、と言うのも浦和のサイドからのクロスは精度にかけていることを見透かされていました。個人技でごり押し出来れば良いのですが、そこは浦和の左サイドの攻撃を抑えておけば良い。
2点差になると攻めに出るしかない。しかし全員で攻めに出てはいけない。狙いすましたように鳥栖のカウンターを食ってしまいました。3失点目となるPKを与えた場面が典型的でした。中の豊田は全くのフリー、後ろから啓太がアタックするしかなく、そしてPKを与えてしまったのですが、あそこで守りの選手も前に行ってしまい。守る選手がいない。チームとしてのバランスを崩してしまいました。
浦和の長所は攻撃力、そして誰からも点が取れること、そういう長所も運用を間違えてしまうと、攻守のバランスを崩してしまう要因となってしまう。人は足りているが、皆がボールウォッチゃーになってしまう。守備でのチームとしての意思統一が図れていないのが原因ですか。そこが肝心のところで勝てない勝負弱さに繋がってくるのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »