« 明日は仙台戦 | トップページ | 第31節仙台戦(11/10@ 宮城スタジアム) »

2013年11月10日 (日)

速報仙台戦

横浜が敗れて勝てば首位に躍り出る事が出来る重要な一戦、固い守備で苦手としている仙台との戦い、日曜日のナイターは非常に微妙。
スタメンは
FWー興梠
MFー原口、梅崎、平川、宇賀神、柏木、阿部
DFー槙野、那須、森脇
GKー山岸
サブは、加藤、坪井、永田、暢久、直輝、関口、阪野。啓太はサスペンションで欠場、代わりに柏木ボランチ、梅崎シャドー、ミシャの起用がどうでるかがポイント。主審は飯田。
前半、立ち上がり赤嶺のヘッドで残しましたボールをウイルソンがシュート、槙野の股間を抜けてゴールイン。しかし、その4分後原口の胸トラップから左サイドにつないで、宇賀神のクロスを宇賀神が冷静にかわして同点ゴールを決める。
その後は浦和がゲームを支配、左サイドからのCKのこぼれ球を興梠が決めて逆転。両サイドを上手く使いゲームを支配、仙台はボールを繋げない。
後半、立ち上がりにFKから集中力をかいたように失点。これをきっかけに仙台にポゼッションを許す。ゲーム展開からしても痛い失点だった。
しかし、梅崎がDFの間合いを上手くついてクロス、興梠が見事な反転で逆転ゴール。ミシャは、平川→関口は判るが、原口→暢久で逃げ切り体制に。更に念を入れると言うことで梅崎→坪井でしたが、これはバランス悪くなってしまいました。ATに、FKからこれも集中力を欠いたプレーで、右サイドを突破され、こぼれ球を決められる。啓太不在で守備のバランスが悪かったのが痛かった。しかし、立ち上がりとATに失点では勝てる訳がない。

|

« 明日は仙台戦 | トップページ | 第31節仙台戦(11/10@ 宮城スタジアム) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報仙台戦:

« 明日は仙台戦 | トップページ | 第31節仙台戦(11/10@ 宮城スタジアム) »