« 速報仙台戦 | トップページ | 天皇杯決勝開場 »

2013年11月11日 (月)

第31節仙台戦(11/10@ 宮城スタジアム)

残念な結果になってしまいました。ATでの失点、今シーズン何度か見ている光景にまたでくわしてしまいました。やはり、このチームは守りに入ってはダメ、攻めに行かないと、と言うか気持ちの部分で、積極的に前に出て守備しなければならんのだろうな。そこが、このチームの課題でもあり、魅力でもあるんでしょうな。
この試合は、攻守の要である啓太がサスペンションで欠場、梅崎シャドー、柏木ボランチは攻めの部分ではかなりの効果をあげていたと思います。しかし、前半、後半の立ち上がりに失点してしまったのは啓太の不在が影響しているような気がします。またこの日はマルシオが欠場、試合の後半に中盤にスペースが出来てくる時の、マルシオの投入は非常に効果的、ボールの落ち着き所を作り出してくれますし、プレーぶりも献身的で守備も一生懸命する、正に浦和にとってはジョーカー的な存在ですが、この試合のようにマルシオがいないとバランスの悪い交代になってしまう。
関口の交代は良いとして、原口→暢久もクローザー投入といえばそうなんでしょうが、暢久はいまいちこの日の試合の流れを呼び込めなかった。その後の梅崎→坪井の交代は何だったのでしょうか。関口をシャドー、森脇WGで一応のバランスは取れているのでしょうが、気持ち的には守り100%で仙台に攻めの攻勢を強めさせたように思いました。
攻めに関すれば、この日の1点目のように非常に人もボールも良く動いて、見ていて楽しいサッカーをしていたと思います。前半でも梅崎のシュート、興梠のヘッドが決まっていれば、展開は全然違っていたでしょう。決めるべき所で決めれないから、こういう結果になってしまう。ミシャのサッカーを考えれば、前半でガンガンととりに行く事が必要だったかと。
せっかくの首位に立つチャンスを逃してしまった訳ですが、勝ち点差は1で残り試合は3ですから、まだまだ十分に挽回するチャンスはあると思います。天皇杯も敗退してしまったので、今季の残り試合は3試合です。やれることはやりましょう。こうなると気になってくるのが鹿島ですね。

|

« 速報仙台戦 | トップページ | 天皇杯決勝開場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第31節仙台戦(11/10@ 宮城スタジアム):

« 速報仙台戦 | トップページ | 天皇杯決勝開場 »