« 明日はナビスコ川崎戦 | トップページ | ナビスコSF②川崎戦(10/12@埼スタ) »

2013年10月12日 (土)

速報ナビスコ川崎戦

ファイナル進出をかけての一戦、欠場を噂された大久保はスタメン。勝つしかないです瓦斯、川崎の方がゴール裏の密度が濃い。相手も相当気合が入っている。
スタメンは
FWー興梠
MFー柏木、原口、宇賀神、平川、阿部、啓太
DFー槙野、那須、森脇
GKー山岸
サブは、加藤、永田、坪井、暢久、関口、梅崎、マルシオ。浦和はメンバーに変更はない。大久保も出場しており撃ち合い必至の試合となるでしょうな。主審は西村。
前半、主導権は完全に浦和が握る。川崎は浦和の5トップに対して4-4の2ラインで臨むがギップを浦和につかれる。
浦和は原口のシュート、興梠のダイビングヘッド 、決定機はあるが決めきれず。また、セットプレーから槙野の惜しいシュートあり、CKも多くのチャンスあったが決めきれず。
川崎は大久保のコンデションがいまいちなのか攻めの形がつくれない。浦和の守備も集中していた。
後半、ペースは浦和でボールへの出足でもでも川崎を圧倒、川崎は中村も交代、大久保の調子もいまいちなのでレナトを気をつければ良い。
サイドでの数的優位をつくりながら攻めるがゴールは遠い。両サイドを梅崎、関口に交代、マルシオを投入。
残り10分過ぎに浦和の執念が実る。左サイドの関口のクロスを興梠が合わせて決勝点を奪う。執念の勝利だった。

|

« 明日はナビスコ川崎戦 | トップページ | ナビスコSF②川崎戦(10/12@埼スタ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報ナビスコ川崎戦:

« 明日はナビスコ川崎戦 | トップページ | ナビスコSF②川崎戦(10/12@埼スタ) »