« 明日は清水戦 | トップページ | 第22節 清水戦(8/24@エコパ) »

2013年8月24日 (土)

速報清水戦

大分戦は劇的な逆転勝ちでしたが、実状は守備崩壊、安定感のある試合運びを望むところです。
スタメンは
FWー興梠
MFー柏木、原口、宇賀神、平川、啓太、阿部
DFー槙野、那須、森脇
GKー加藤
サブは、山岸、永田、坪井、関口、マルシオ、阪野。直輝は怪我で欠場、残念です。
前半、慎重な立ち上がり、守備は集中している。宇賀神にいい形でボールが入る。興梠から宇賀神へ、宇賀神のクロスは柏木へ、柏木は胸トラップから利き足でない右足で見事にシュートを決める。
先制した後は浦和は慎重にゲームを進めるが、またも、宇賀神へ那須からのロングフィードが通る。宇賀神のシュートはGKにセーブされるが、興梠がシュートに詰めて追加点を奪う。
清水の攻撃は、ラドンチッチ頼みなのだが、高さはあるがスピードがないので、守備で体を寄せておけば大丈夫です。怪我のためか、試合に出るには非常に問題のあるコンデショションのようでした。大前も連携のある動きは出来ない。
後半、攻めに逸る清水ををもてあそぶようにボールをDFラインでキープ、完全にチンタラのボール回し、しかし、ボールを追い回す清水の前線の選手は完全に疲弊、時間をおうごとに組織的なボールの追い込みも出来なくなる。守備で浦和にたっぷりと走らされた清水は有効な攻めは出来ず。
完全なチンタラ試合、しかし清水には有効な攻めはさせず、安心して見ていられた試合でした。宇賀神に復調の兆しがみえるのは大きい。今日も平川に替わった関口ですが、回りとの連携は取れず、厳しい内容ですな。

|

« 明日は清水戦 | トップページ | 第22節 清水戦(8/24@エコパ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報清水戦:

« 明日は清水戦 | トップページ | 第22節 清水戦(8/24@エコパ) »