« 代表東アジア選手権豪州戦 | トップページ | 今日は磐田戦 »

2013年7月29日 (月)

代表東アジア選手権韓国戦

中国、オーストリア戦を見てみるとしょっぱい試合だなあという印象が、気迫溢れる試合という印象になってしまう。やはり韓国戦は違いますね。ただ、やたらとロングボールをほおりこんでくる韓国の戦術はしょっぱいしょっぱいし、それに対してボールが繋げない日本もしょっぱい。まあ韓国戦は内容より結果なのでしょうね。そして今回は優勝がかかっていましたからなおさらですね。
結果は、カウンターからしっかり2得点した日本の勝利、2得点の柿谷は持ってるなあという感じです。ですけど、この日の1点目、オーストリア戦の工藤へのラストパスへの一連のプレー、あのくねくねしたプレーはなんというか、独特の間合いなんでしょうね。DFがテンポを合わせにくいタイミングなのでしょうね。
この日の攻めは中国戦と同じ柿谷、原口、高萩、工藤でした。高萩のところでボールが落ち着かないので、韓国の波状攻撃を許すことになる。どうなんですかね、柿谷をトップ下に据えて豊田のワントップもありだと思いました。ワントップがボールを納めて、2列目が前を向いた状態でプレー出来るようにする。それをさせてくれない韓国のプレスが良かったのでしょうか。
この日は、齋藤、大迫は出場の機会無し。豊田、山田もタスクとして守備での起用、豊田は韓国のヘディングシュートをゴールからクリアしたのが一番の見せ場でしたね。
原口はボールが回って来ないので、守備での姿が目についた。TV画面を物凄い勢いで守備に戻る選手がいるので、よく見たら原口という場面が何度かありました。浦和ではなかなか見れない場面でしたね。
守備は栗原、徳永はベテランは計算立つが新しい選手はいまいちでしたが、攻めの柿谷、豊田、原口、齋藤らは海外組との競争に入って来ましたね。Jリーグの選手だけでやり、それなりの成果はありましたね。

|

« 代表東アジア選手権豪州戦 | トップページ | 今日は磐田戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 代表東アジア選手権韓国戦:

« 代表東アジア選手権豪州戦 | トップページ | 今日は磐田戦 »