« 速報川崎戦 | トップページ | 東アジア選手権代表選出 »

2013年7月14日 (日)

第16節 川崎戦(7/13@等々力)

ついに来る日が来たというか、真夏の連戦の戦いぶりをみていれば、こういう試合はいつかは来るだろうなあとは思っていました。選手達の疲労は我々が思う以上のもののようですですね。運動量で完全に負けていたというか、攻めだけでなく守備に際にも動けない、これは大変なことです。中3日の横浜戦までに、いかにミシャがチームを立て直してくるか、興味があるところです。スタメンは
-----興梠-----
--原口----丸塩--
梅崎-柏木--阿部-宇賀神
-槙野--那須--森脇-
-----加藤-----
サブに、山岸、坪井、暢久、永田、関口、平川、矢島。怪我で欠場の啓太に変わり柏木ボランチでマルシオがシャドウー。ミシャが取ってきた戦術は疲労のあるWGを宇賀神に変えることとマルシオの投入だけで、守りの選手の起用は前節と変更なし。主審は広瀬。
 前半、立ち上がりはボールもキープ出来ており、互角の立ち上がりという印象でした。ただ、やはりミスが多い、興梠、マルシオが裏を狙ってもそこへボールが通るだけのコンビネーションがない。川崎は5バック気味にして、守備を固める、浦和の攻めに対してギャップを作られないようにしていました。ただし、ボールを奪うと前線のレナト、大久保へ素早くボールをつなぐ、そこへ中村が絡んでくるという感じでした。
 まずは、大久保に裏に抜けられるわけですが、そこは浦和の選手が4人掛かりで大久保をデレイさせるところまでは良かったのですが、中村は全くのフリーで大久保から中村は余裕をもってシュート、ボールは加藤は触っただけに、はじいて欲しかったのですがやすやすと失点を許す。
 その後は、稲本に中盤で厳しく仕掛けられると、あっけなくボールロスト。ソノボールを拾ったレナトに抜けられ、レナトにシュートを打たれるが、ポスト直撃で救われたと思ったのもつかのま、ボールはまたレナトのわたり難なくシュートを決められる。これとて、皆ボールウッチャーになってしまっているんですよね。ボールを保持している選手に注意がいってしまい、ボールを持っていない選手に対する注意が無い。埼スタのこけら落としの試合で解説の長谷川に幼稚園のサッカーと馬鹿にされましたが、その記憶が蘇ってきました。2失点すると、集中力は切れ、攻めへとはやり川崎の思いのままに。登里に裏に向けられ、そのリターンをボランチの山本に蹴り込まれ、0-3となってしまい、ここで勝敗の行方は決まってしまった。
 後半、早い時間帯に1点返せばという気持ちもあったのでしょう、PAへ侵入したレナトを加藤が倒してPK.これを大久保に決められて、決定的な4点目がはいってしまう。ミシャは、次の試合を考えてか、原口、梅崎→矢島、関口に交代。交代で入った矢島、関口も最初のうちは良かった、だんだんとフェードアウト。
 また、守りでは集中を欠き、加藤のセーブが無ければ、6-0とか7-0のスコアで大敗してもおかしくないほどの内容でした。守備の森脇、槙野も疲れており、判断力も鈍ってきているのかな。有効な攻め上がりは出来ないどころか、危険な位置でのミスを連発。変わりがいればかえていてもいいですね。那須、阿部も疲労ちくせきですね。マルシオは最初から入ると微妙、相手のボランチが弱ってから投入させると無双なんですが、最初からだとそうはいかない。
 厚い選手層といわれているが、それを生かせないまま、選手固定起用で疲労が蓄積してきてしまった。そこへ、キーマンの啓太が負傷欠場となると、守備のバランスは崩れてしまうのはやむを得ない。ミシャがそこのところをどのように立て直してくるか、そこが見ものです。

|

« 速報川崎戦 | トップページ | 東アジア選手権代表選出 »

コメント

「後半、早い時間帯に1点返せばという気持ちもあったのでしょう、PAへ侵入したレナトを加藤が倒してPK.」・・・レナトではなく、中村ですね。

投稿: K | 2013年7月14日 (日) 17:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177853/57788259

この記事へのトラックバック一覧です: 第16節 川崎戦(7/13@等々力):

« 速報川崎戦 | トップページ | 東アジア選手権代表選出 »