« W杯アジア最終予選  | トップページ | コンフェデ杯メキシコ戦 »

2013年6月21日 (金)

コンフェデ杯イタリア戦

終わって見れば惜しい敗戦でしたが、勝たねば行けない戦いでした。前半で誤審によるPKゲットもあり、2点先制したがそこからまさかの3連続失点。しぶとく同点にするが結局イタリアに決勝点を奪われる。
これが日本の実力なんでしょうか?確かに日本の良さ前面におしたてて戦えるようになった。内容的には善戦、惜しい敗戦と言うことなのでしょうが、そこを乗り越えて結果を残す、そこのレベルまで行くには経験なのでしょうが!確かにエンターテイメントとした場合、昨日のサッカーは見ていて面白かった。そこと結果をリンクさせることですね。真剣勝負で強豪国と戦うしかない。
はまった時の日本の攻撃は面白い。遠慮なんかピルロより出来言うこと無しという感じdは良かった。バロッテリのような収まるFWがいれば攻撃に関して言えば、良かった。
しかし問題は守備、デフェンスに回った時の判断の悪さは致命的。セイフティーファーストでいけば良いのですが、無理に繋ごうとすると、こういう結果になる。まだまだ経験不足なんでしょうね。

|

« W杯アジア最終予選  | トップページ | コンフェデ杯メキシコ戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンフェデ杯イタリア戦:

« W杯アジア最終予選  | トップページ | コンフェデ杯メキシコ戦 »