« 歯の治療 | トップページ | 駒場到着 »

2013年6月16日 (日)

コンフェデ杯ブラジル戦

フランスに勝利して、意気揚々として望んだ前回のブラジル戦、自分たちの戦いを貫いたら4-0の大敗。でも自分たちの戦いは貫こうとして、不運なPKで先制されてから歯車が狂ってしまった。
今回は前回の教訓をどれくらい生かせるのかがポイントだと思うのですが、その教訓が全く生かされいない。前半後半の立ち上がりの失点、これではお話になりません。粘って1点でも返すならいいのですが、粘り切れずアデッショナルタイムに失点、後味悪いというか、印象モラージュ非常に悪い結果になりました。日本が強豪国と互角に戦うには個の力がない。相手を慌てさせるような展開に持っていかないといけない。となると、早い時間帯に先制されて相手に余裕を与えることは絶対ダメですな。
今回はネイマールの見事なボレーにやれてしまったわけですが、まだまだ強豪国と互角に戦うには時期尚早と言うことでしょうか。
本田、香川、長友ら世界の強豪とごしてえ戦える人材は出来てきたわけで、それをチームとして有効に機能するには?それには本田、香川が前を向いてプレーするには、FWのボールの収まる場所を作ることですね。岡崎では厳しいし、前田が適任なのでしょうが、前田がいまいち不調。続きの2戦でその辺をアジャストしてほしいものです。

|

« 歯の治療 | トップページ | 駒場到着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンフェデ杯ブラジル戦:

« 歯の治療 | トップページ | 駒場到着 »