« 東京五輪 | トップページ | ナビスコ②C 大阪戦(6/30@ 埼スタ) »

2013年6月30日 (日)

速報C大阪戦

ナビスコ準々決勝のレグ2、第1戦の出来からすれば浦和の勝ち抜きは圧倒的に優位かと思うのですが油断は出来ない。
スタメンは
FWーマルシオ
MFー柏木、原口、平川、梅崎、啓太、阿部
DFー槙野、那須、森脇
GKー加藤
サブは山岸、坪井、暢久、関口、宇賀神、矢島、阪野。興梠は怪我で欠場、マルシオのワントップが機能するかがポイント。主審は飯田。
前半、前から積極的にくるC大阪に大苦戦、サイドチェンジから柿本に余裕をもってクロスをあげらて、あっさり失点。その後も浦和は良いところ無し。マルシオは全く起点作れない。前三人のコンビネーションが作れない。
梅崎は前節からキレキレで浦和のシュートは梅崎のみ。浦和が中盤でパスが繋がり出す。梅崎がスピードで最初の選手をかわし、次の蛍を切り返しでかわし見事なシュートを決める。その後は浦和ペースとなる。
後半、C大阪は早々と足が止まる。浦和もC大阪にお付きあいするように攻めの鋭さは見えない。宇賀神、関口と投入するも試合のペースは変わらない。三人目の交替は阪野ではなく、暢久を投入する念の入れよう。
前半の早い時間帯に失点するがC大阪の足が止まると完全にゲームをコントロールした方が内容はしょっぱいが最低限の結果は出した。しかし、興梠がいないと前線にボールの収まりどころが無くなってしまう。課題が浮き彫りになりました。

|

« 東京五輪 | トップページ | ナビスコ②C 大阪戦(6/30@ 埼スタ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報C大阪戦:

« 東京五輪 | トップページ | ナビスコ②C 大阪戦(6/30@ 埼スタ) »