« 明日は柏戦 | トップページ | 第13節 柏戦(5/26@国立) »

2013年5月26日 (日)

速報柏戦

攻めのバリエーションもふえて、鹿島、鳥栖戦と連勝した浦和、コンデション的にも一日の長があり勝ち点を積み上げたいところ。
スタメンは
FWー興梠
MFー柏木、原口、平川、梅崎、啓太、阿部
DFー槙野、那須、森脇
GKー加藤
サブは、山岸、坪井、暢久、小島、関口、矢島、マルシオ。メンバーに変更はなし。主審は村上。
前半、柏の選手の動きは悪い。浦和は10分頃から圧倒的に攻める。柏はSBが本職でないため、ラインがサガルため攻守飲み会切替も遅く、バイタルにスペースがあく。浦和は原口→興梠に大きなワンツー、柏の選手が原口について行けない。興梠に柔らか身のこなしこなしからのリターンを承けてシュートを決める。
その後も浦和が攻める。決定機が何度かあったが、僅に会わない。柏もSBを交替するとボールの動きも良くなる。浦和の縦パスを積極的に狙い、カウンターを仕掛けてくる。浦和は柏の攻撃を冷静にかわす。前半終了間際、またも興梠の柔らかなポストプレーから左の梅崎へ、梅崎のクロスから柏木がニアでは合わせて見事にゴールイン。
後半、柏は3バックにシステム変更、しかし浦和の前プレスにビルドアップ出来ず。浦和は柏の中途半端なボールをカットし柏木突破し、そこから得たファールから柏木学校直接FKを決める。これで勝負あり、前に行く柏の中盤スカスカ。ボールカットした興梠がゴールに突進し、フリーのマルシオはごちゃんゴール。興梠の今年の浦和でのプレーぶりを示した得点でした。
その後、森脇の誰も行かないゴール?最後は原口のドリブル突破からマルシオがゴール。2試合連続のお祭り試合でした。

|

« 明日は柏戦 | トップページ | 第13節 柏戦(5/26@国立) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報柏戦:

« 明日は柏戦 | トップページ | 第13節 柏戦(5/26@国立) »