« 今日はムアントン戦 | トップページ | ACLを終えて »

2013年5月 2日 (木)

ACLムアントン戦(5/1@ サンダードームスタ)

グループリーグ勝ち抜けをかけたアウェイのムアントン戦、蒸し暑いタイでの戦い、さらにメンバーにも怪我人続出の厳しい中での戦いとなりました。
スタメンは
FWー興梠
MFー矢島、マルシオ、平川、宇賀神、阿部、柏木
DFー坪井、那須、森脇
GKー加藤
サブは山岸、野田、坪井、暢久、関口、小島、阪野。槙野まで怪我でスタメン落ち、苦しい中での戦い。
ムアントンにとってはグループリーグ敗退は決定しており、消化試合なのですが、ホーム最終戦でもありへたな試合は出来ない状況でした。浦和は啓太が累積警告で出場停止、矢島がシャドー柏木がボランチに入りました。
ムアントンが前プレを余りかけて来ないため、浦和はサイドにボールを散らしつつ攻める。しかし得点が入らない。ボールは支配するが決定機を作れ無い。これは浦和の課題になってしまいました。
後半立ち上がりCKの流れから、那須のジャンピングボレーが炸裂、浦和が先制しました。結局この1点を守りきり勝利する。しかし、同時期に行われた広州vs全北はスコアレスドローで、結局浦和のグループリーグ敗退は決まってしまいました。
今から思い起こせば、ホームでの全北戦の敗戦がすべてでしたね。決定機を逃し続けた前半の戦い、ものの見事に後半に逆転をくってしまいました。もう少しACLの戦いは見たかったですね。何が起こるか分かりませんのがACL ,、来年もこの場所に戻ってこれるように、出来ればjリーグ王者として戻って来ましょう。

|

« 今日はムアントン戦 | トップページ | ACLを終えて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ACLムアントン戦(5/1@ サンダードームスタ):

« 今日はムアントン戦 | トップページ | ACLを終えて »