« 速報鹿島戦 | トップページ | 中断前の3 試合 »

2013年5月12日 (日)

第11節 鹿島戦(5/11@埼スタ)

2013512001120周年のアニバーサリーとして企画された鹿島との因縁の一戦、こういう企画には全く弱い浦和ですが、普段は味方してくれない審判の笛が幸運にも浦和へ、結局これがこの試合のあやでした。浦和に不利な笛が多かったわけですが、興梠のゴールの判定で全ては帳消しになりました。
20135120013スタメンは
-----興梠-----
--原口----柏木--
宇賀神-阿部-柏木-平川
-槙野--那須--森脇-
-----加藤-----
サブに、山岸、坪井、暢久、梅崎、関口、矢島、マルシオ。原口とマルシオが交代、梅崎はベンチからとなりました。主審は佐藤。
 前半、鹿島で一番気をつけるのはダビィ、ダビィには那須と槙野か森脇で挟み撃ちで決定機を作られないように配置。鹿島は、サイドから浦和のGKとDFラインの間に強いクロスを入れて来ましたが、浦和が体をはってしのぐ。また、今日の主審がやたらとこける選手のファールを取る特性を、鹿島は最大限に活用、浦和陣内で再三FKをえる。セットプレーも、中田なり大迫に会うのだが、浦和のゴール枠をとらえるまでには至らず。
 浦和の攻めに対して、鹿島は中央を固める。縦パスが浦和の前の3人にはいり、そこからサイドに展開するが、クロスの精度が悪いというか、鹿島は完全に中を固める。それでも、平川→柏木のシュートは力なくGK正面、原口が左サイドをえぐり態勢を崩しつつ折り返しを宇賀神シュートするが枠を捉えられず。
 鹿島もせっとプレーから、岩政シュートするが枠を外す。鹿島はFKを多く掴むが、ゴールならず。ボールは浦和がキープしているがチャンスは鹿島が多い。
 後半、前半の終盤に宇賀神が故障し梅崎と交代、梅崎の投入により、梅崎はパスよりシュートを狙ってくるので、鹿島DFはサイドではる梅崎には圧力をかけざるを得なくなり、鹿島のDFは中央だけをケアしてれば良いというところから少し混乱してくる。
 しかし、中盤でパスミス、サイドで受けた野沢に阿部がスライデングしてかわされ、啓太も野沢に詰めることが出来ず、シュートの余裕を与えてしまうと、きっちりと野沢にシュートを決められてしまう。いつもの鹿島ならこれで主導権を握り、のらりくらりと勝ち点をかせぐということなのですが、今の鹿島にその勢いはない。浦和は失点直後のCKから、ニアに飛び込んだ那須が見事に同点ヘッドを決める。那須をマークにいったのもダビィと大迫というのが鹿島の今の調子を表しているような気がしました。
 シュートの意識の強い梅崎が入り、原口と梅崎のプレーには注意が必要となってくるわけですが、梅崎のサイドからのシュート気味のクロスに興梠が合わせて浦和が逆転。現地でみていた感じは梅崎のシュートが決まったかに見えました。しかし、得点者は興梠ということになると、オフサイドでしたね。埼スタで流れた得点シーンのビデオにもしっかりと興梠が触っているのが映しだされました。鹿島は猛抗議するが、判定は覆らず。主審も不安定でしたが、バックスタンド側の線審も自信なさげな判定をしており、せっかくの試合を審判によって壊されてしまいましたね。鹿島は、頭に血の上ったダビィを交代させてしまい、これで浦和にとっての最大の脅威が無くなってしまいました。(といっても、その後にきわどいシーンも結構ありましたが)
 結局、この誤審が今日の試合のあやとなってしまいました。岩政まであげて同点をねらう鹿島ですが、カウンターから興梠→原口で原口のシュートは一旦GKにはじかれるが、詰めてきた梅崎が決めて、勝負ありでしたね。
 結局、誤審が勝敗を分けてしまったわけですが、これもまたサッカーということですね。前回はジョルジは肌着になって暴れましたが、セレーゾはインタビューでは文句を言っていましたが、おとなしく引きさがりましたね。因縁の鹿島戦、また因縁が積み重ねられてましたね。これで、アウエーでの鹿島戦、これまた楽しみが増えたような気がします。

浦和レッズ3-1(前半0-0)鹿島アントラーズ
得点者:63分 野沢(鹿島)、66分那須(浦和)、78分興梠(浦和)、89分梅崎(浦和)
入場者数:46,649人

|

« 速報鹿島戦 | トップページ | 中断前の3 試合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第11節 鹿島戦(5/11@埼スタ):

« 速報鹿島戦 | トップページ | 中断前の3 試合 »