« 埼スタ到着 | トップページ | エンジェルゴール »

2013年4月 3日 (水)

速報全北戦

速報全北戦
予選突破には絶対に勝ちたいホーム全北戦です。メンバーは互いにターンオーバーの様相。
スタメンは
FWーマルシオ
MFー柏木、原口、平川、関口、阿部、啓太
DFー槙野、那須、坪井
GKー加藤
サブは、山岸、暢久、森脇、宇賀神、梅崎、阪野、興梠。浦和は予想されたとおりターンオーバー、全北も李東国はサブ。
前半、いつもと違い風上サイドをとった浦和、立ち上がりに槙野の攻めあがりのボールを原口が後ろからかっさらい先制。
プレスに連動性のない全北は何故かバイタルががら空き。啓太→原口、平川→マルシオの絶好機があるが決められない。マルシオのFKはクロスバー直撃、とるべきところで取れない。
全北は前線のがいじん頼みだけど、攻めはしょっぱい印象。加藤のミスはひはひやりとしたが流れは変わらない。
後半、全北のペースは相変わらずで浦和優勢かと思っていたのもつかの間、ゴール前シュートのこぼれ球が全北に転がりこれを決められ同点。なにもあせる必要は全く無いのですが、これで浦和のプレーはドタバタになってしまいました。セットプレーから後半入った李東国に決められ逆転。
浦和の運動量の低下と全北の球際の強さが目だつようになる。焦って攻めて全北のカウンターを食いまくり。加藤の位置を良く見た全北のシュートが決まり勝敗は決する。その後も決定的なカウンターをくらう終わって見ればよく3失点ですんだなという印象でした。
前半の決めるべきチャンスを決められなかったのが勝負のアヤでした。前半の内容からこんな結果は予想出来なかった。アジアの戦いは何が起こるか分からない。

|

« 埼スタ到着 | トップページ | エンジェルゴール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報全北戦:

« 埼スタ到着 | トップページ | エンジェルゴール »