« 埼スタ到着 | トップページ | 第8節 清水戦(4/27@埼スタ) »

2013年4月27日 (土)

速報清水戦

暢久20周年の記念試合、ACLでは血気はやる広州DFを退場に追い込みきっちり仕事をはたしてくれました。ACLでの良い流れを継続したい。
スタメンは
FWー興梠
MFー柏木、マルシオ、平川、宇賀神、阿部、啓太
DFー槙野、那須、森脇
GKー加藤
サブは、山岸、坪井、暢久、野田、関口、矢島、阪野。原口、梅崎は怪我のために欠場。主審は木村。
前半、清水もDFラインを上げてコンパクトな布陣をしいてくる。清水のサイドにスペースが出来かちですが、風の影響か、サイドを変えるパスが通らない。清水は完全に守備重視で初めのうち高かったDFラインも浦和にパス回しされるとずるずると下がり、中央を固めての専守防衛状態、攻撃はバレーへの縦ポンのみ。さすがにゴトビサッカーは美しい。
浦和も興梠がさかんに裏を取ろうとするが、パスは通らない。中を固める清水の守備を崩せ無い。
後半、圧倒的にボールを支配するが中を固める清水DFラインに攻めの工夫がない。バレー頼みの糞サッカーにものの見事にやられてしまう。そして阿部の退場のおまけつき。浦和は、矢島→関口→興梠で見事に崩したがオフサイド、終了間際の阪野シュートはゴールポストに嫌われる。しかし清水はひとり人数多くして、あのサッカーは無いでしょう。しょっぱい、なおかつお寒い試合でした。

|

« 埼スタ到着 | トップページ | 第8節 清水戦(4/27@埼スタ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報清水戦:

« 埼スタ到着 | トップページ | 第8節 清水戦(4/27@埼スタ) »