« 埼スタ到着 | トップページ | 第2節 名古屋戦(3/9@埼スタ) »

2013年3月 9日 (土)

速報名古屋戦

速報名古屋戦
t待ちに待ったホーム開幕戦。新加入の選手もミシャの戦術にはフィットして、前節の広島戦は快勝、この流れに乗れるかどうかがポイントです。
スタメンは
FWー興梠
MFー柏木、原口、梅崎、宇賀神、啓太、阿部
DFー槙野、永田、森脇
GKー加藤
サブは山岸、那須、暢久、関口、平川、マルシオ、阪野。メンバーは広島戦と全く同じ。主審は佐藤。
前半、名古屋は闘莉王、ケネディと主力二人が欠場、3バックを4バックに戻しての布陣。名古屋は浦和のビルドアップに対して前線からプレスをかける。特に啓太に対してはダニルソンがマンマークでつかれ、ラインを押し下げられて啓太は前をなかなか向けない。
苦しまぎれに前線に送るが、興梠の動き出しとフィジカルの強さでもイーブンのボールも浦和にこぼれてくる。其れが柏木は原口と有機的に繋がっていく。しかし、サイドにつながらないと言うか、サイドに押し込まれて終うため、攻撃に厚みがない。梅崎は前半30分までは完全に消えていた。
前半の終盤には名古屋の足が止まりだし、浦和のボール回しが良くなる。興梠の加入により一気にゴールまでの加速を感じた。
後半、名古屋は足が止まり、浦和は効果的にボールを繋げるようになる。興梠のボールの引き出し、速さより浦和のペース.。啓太に対してダニルソンはついていけない。啓太→興梠→宇賀神と繋いで見事なゴールが決まる。
その後も浦和がボールを圧倒的に支配。興梠は裏への動き出し、ボールの収まり役割と忠実にこなす。攻めての無い名古屋に対しても守備で集中を切らすことなく、名古屋の攻撃をほぼ完封、危ないとことろはなし。
マルシオ、平川、那須と選手交代をして念にはネンヲ入れる。最後は余裕をもってボールキープして確実にゲームを終了させた。興梠のプレーは素晴らしかった。

|

« 埼スタ到着 | トップページ | 第2節 名古屋戦(3/9@埼スタ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報名古屋戦:

« 埼スタ到着 | トップページ | 第2節 名古屋戦(3/9@埼スタ) »