« 年度末 | トップページ | 第4節 新潟戦(3/30@東北電力ビックスワン) »

2013年3月30日 (土)

速報新潟戦

2週間の休暇があり、この試合から連戦で厳しいスケジュールが始まる。いい形で4月の連戦に臨むためには今日の試合の持つ意味は大きい。
スタメンは
FWー興梠
MFー原口、柏木、宇賀神、梅崎、阿部、啓太
DFー槙野、永田、森脇
GKー加藤
サブは山岸、坪井、那須、関口、平川、マルシオ、阪野。スタメンは前節と全く同じ、怪我から復帰の坪井がメンバー入りの。主審は家本。
前半、落ち着いてボールを回す浦和だが、達也、ブルーノロペスの前プレでビルドアップでボールが上手く散らせない。DFラインからのロングボールが多くなる。興梠が上手くボールキープするがボール回しは良くない。
CKから槙野のドンピシャリのヘッドが決まり浦和が先制。しかし、その後の浦和の攻めはさっぱり。レオシルバのプレーが効いている。
達也→ブルーノロペスの決定機2度あるが、ブルーノロペスの決定力のなさに救われる。永田が太もも裏を痛めて那須と途中交替。ボールを繋いでいこうという感じが強いのか、ボール回しにダイナミックさを感じない。
後半、立ち上がりに柏木ビッグチャンス決めきれない。流れに変化は無い。永田交替の影響かビルドアップが出来ない。前線へのロングボール頼みで前後分断になってしまう。
新潟もボールを繋いでくるが、いまいち攻撃に迫力はない。啓太→マルシオ、原口→関口と交替,、関口の交替はきいた。マルシオへのラストパス,マルシオが落ち着いて決めて完勝。立ち上がりにと、アデッショナルタイムのと取った時間帯が非常に良かった。内容は良くないが勝ちきる戦いが出来た。

|

« 年度末 | トップページ | 第4節 新潟戦(3/30@東北電力ビックスワン) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報新潟戦:

« 年度末 | トップページ | 第4節 新潟戦(3/30@東北電力ビックスワン) »