« 速報新潟戦 | トップページ | エイプリル・フール »

2013年3月31日 (日)

第4節 新潟戦(3/30@東北電力ビックスワン)

前節の大分戦は立ち上がりのポカをカバーして同点には追いついたが、その後圧倒的に攻めながらゴールをあげられず痛恨の引き分けとなってしまいました。今日はそれから2週間ぶりの試合ですが、前3人の体調不良が伝えられています。休み明けに体調を崩すなんて、うちの会社なら滅茶苦茶怒られます。その体調の悪さがもろに出てしまった一戦でした。

スタメンは、
-----興梠-----
--原口----柏木--
宇賀神-阿部-柏木-梅崎
-槙野--永田--森脇-
-----加藤-----
サブに、山岸、坪井、那須、平川、暢久、マルシオ、阪野。選手起用は広島戦からまったく同じ、故障が癒えた坪井が今季初のメンバー入り。主審は家本。
 前半、新潟は達也、ブルーノロペスが盛んに前からプレスをかけてきて、DFラインも前に挙げてきている。GKとDFラインのスペースを使えればチャンスなのですが・・・そんな中立ち上がり6分にCKから槙野のドンピシャリのヘッドが決まって浦和が先制。
 しかし、点を取ってからが良くありません。新潟の前プレをかいくぐって、前3人にボールをうまくつなげればよいのですが、柏木は体調の悪さが出たように絶不調で、ボールをキープ出来ないどころかミスで相手にボールを渡してしまう場面が再三でした。そこに、レオシルバが非常に効いていましたね。厳しいボールの寄せで浦和ボールをかっさらていく、レオシルバの球際の厳しいプレーと前プレでbうらわのボールつなぎは分断されてしまいました。いつものような、サイドにボールを散らしていくボール回しは出来ずに、興梠めがけたロングボールが多くなって行きました。興梠はうまいボデーバランスでマイボールにしていくのですが、だんだんとイーブンボールは新潟に取られるようになりました。
 中盤以降は、完全に新潟に中盤を支配されてしまうパターンになってしまいました。この展開ならいつでも追い付かれてもおかしくないのですが、いかんせん新潟の攻めはしょぼすぎ、レオシルバ→達也→ブルーノロペス、達也→ブルーノロペスの絶好機が2度ありましたが、ブルーノロペスはいずれもシュートを決めることが出来ず。
 浦和のとっては更に悪いことに、永田が太ももの裏側を痛めて途中交代で那須で入ってきました。那須は無難にリベロの位置をこなしました。
 後半、立ち上がり柏木がGKと1対1になるビッグチャンスがありましたが、決められず。展開は前半と好転することなく、終始新潟ペースでした。新潟の攻めはいかにもしょっぱい、レオシルバがボールを盛んにダッシュするのですが、それなりのチャンスがあるのですが、達也、ブルーノロペスの決定力が無いのは致命的。前年は奇跡の残留を果たしたわけですが、内容は悪くないが勝ち点がついてこない。ここ数年のJ2落ちしたチームの必敗パターンです。それにはまり込んでしまっているような気がします。
 浦和は、その後は攻めを好転させるには至らず。ただ那須に変わったがDFでの安定感はありました。ミシャは、啓太→マルシオで柏木がボランチへ、更には原口→関口と交代。アデッショナルタイムでは、興梠が鹿島直伝のコーナーでの時間つぶしをいかんなく見せてくれるとおもいきや、サイドの関口にボールが渡ったところで、中央のぽっかりと空いたスペースに長駆走りこんだマルシオにパスがわたり、マルシオは冷静にゴールを決める。(浦和にとって公式戦通産1000ゴールでした)
 課題満載、そして内容に乏しいのいかにもショッパイ試合でしたが、こういうなかでもしっかり勝ちきる試合が出来たの収穫です。ただし、ACLを挟んでの連戦が続くわけで、その初戦の内容がこれですと今後が非常に重いやられます。

アルビレックス新潟0-2(前半0-1)浦和レッズ
得点者:6分 槙野(浦和)、90+2分マルシオ(浦和)
入場者数:29,095人
 

|

« 速報新潟戦 | トップページ | エイプリル・フール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第4節 新潟戦(3/30@東北電力ビックスワン):

« 速報新潟戦 | トップページ | エイプリル・フール »