« 速報大分戦 | トップページ | 身体を鍛える »

2013年3月17日 (日)

第3節 大分戦(3/16@大銀ドーム)

試合を終わった後での感想を述べると、勝ち点1は妥当だったのかと思います。後半に興梠と阿部の絶好機を2度逃しているわけですから、残念な引き分けかもしれませんが、立ち上がりの集中出来ずに、凡ミスとも言えるようなプレーで5分で連続失点、その後同点にしたことを良しとせねばならないのでしょうか。
 スタメンはスタメンは、
-----興梠-----
--原口----柏木--
宇賀神-阿部-柏木-梅崎
-槙野--永田--森脇-
-----加藤-----
サブに、山岸、那須、平川、暢久、関口、マルシオ、阪野。選手起用は広島戦からまったく同じ。主審は山本。
前半、完全にフィンケ流に言えば寝ている間に失点してしまったということですね。サイドの選手をフリーにしてしまい、CBがファーの流れる相手FWを見失ってしまう、何度となく出てくる浦和の鉄板の失点シーンですね。これがいきなり出てしまいました。高松の動きを見失ってしまい、高松にフリーでHSを打たれたとこで勝負あり。高松はクロスバー直撃でしたが、その後のボールを詰められていとも簡単に失点。立ち上がりに失点ですですから、慌てなくても良いのですが、なぜか加藤はゴールに近い場所で相手選手に囲まれている永田へフィード、永田の切り返しを高松に奪われて連続失点。本当にお粗末な立ち上がりでした。
 お粗末なプレーは、相手にも伝わるようで、その後原口がDFラインからの裏を取る動きにより1点を返すが、これも大分DFがロングボールにかぶってしまったお粗末なプレーでした。こうなると、試合は点の取り合いのような展開となることが良くあることなのですが、一応平成を取り戻しました。
 ただし、展開は圧倒的な浦和ペースでして、この日は右から左からとバランスよくサイド攻撃を繰り出していました。そうすることが出来たのも、やはり興梠の存在は大きかったですね。ポストプレヤーとは思えないのですが、浦和の攻守切り替えのところでうまくタメを作って、味方の攻め上がりに貢献していました。また、DFラインからのロングボールに対しても、スペースのボールに対してはスピードで、相手とイーブンのボールでも味方が拾えるような献身的なプレーぶりで浦和の攻撃の活性化させていました。
 浦和は前半終了間際に、柏木→宇賀神のクロスから、原口スルーで3列目から上がってきた阿部は完全にフリーで落ち着いて同点ゴールを決める。2点奪って引き気味となった大分DFを完全に崩した、引かれた相手はこう崩すというお手本のようなゴールでした。
 後半、展開は相変わらず浦和ペースですが、大分の懸命のプレーに追加点は奪えず。主神の山本は接触プレーについては、手を使ったプレー以外は流す格好で、興梠がPA内で相手DFによって倒されるがPKの増えは鳴らず。また、流れの中から宇賀神クロスから原口スルーで興梠、原口ドリブルから阿部という決定機が2度あったが決められず。ここが今日の試合のアヤでしたね。セットプレーからも得点出来ず、この辺が修正点ですかね。
興梠が外した場面ですが、何故に原口スルーするのだという感じで、原口がシュートすると思った興梠は、まさかスルーするとは思わずに慌ててしまったという感じですか。ミシャは、梅崎→平川、柏木→マルシオ、興梠→阪野と交代するが、効果的な交代とはいえずに、そのまま試合終了。
 内容的には残念な結果でしたが、試合開始直後にポカをした分を取り返しただけでも、よしとせねばということで、ここでW杯予選で試合もあくことで次の試合につなげてほしいものです。次は、ACLもあり中2~3で5連戦となります。ここは前半戦の山場だけに頑張ってほしいところだ。

大分トリニータ2-2(前半2-2)浦和レッズ
得点者:3分 丸谷(大分)、5分高松(大分)、8分原口(浦和)、42分阿部(浦和)
入場者数:27,911人
 
 

|

« 速報大分戦 | トップページ | 身体を鍛える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第3節 大分戦(3/16@大銀ドーム):

« 速報大分戦 | トップページ | 身体を鍛える »