« ACL広州恒大戦(2/26@ 広州) | トップページ | 速報広島戦 »

2013年2月28日 (木)

ACL初戦を終えて

ACL初戦を終えて、浦和は個の力で押してくる広州恒大に力負けでした。攻めは前の三人の外国人にまかせ、中国人選手でもっぱら専守防衛する。どこかで見た戦術、ACLを取った頃の浦和のデジャブーのような錯覚にとらわれました。個の力頼みの前後分断のくそサッカー、しかしこれは本当に勝負強い戦術なのかもしれませんね。
浦和以外の日本勢は、仙台はホームで引き分け、昨日行われた広島、柏はゼッロクス杯の結果からすれば対照的な結果が出る。
広島はホームで、ウズベキスタンのブニョドコルと対戦し、守りを固めるブニョドコルのDFラインを破る事が出来ずに、逆にカウンターから2失点しホームで痛い敗戦となった。
一方、ゼッロクス杯では広島に良いところなく敗れ、新加入のクレオは非常に外れくさい柏ですが、アウェイで貴州と対戦、3バックも機能して、クレオが上げた得点を守りきり、アウェイで貴重な勝ち点3をあげた。
ACLの戦いはリーグ戦とは全く別物ですね。これがACLの醍醐味かもしれない。今シーズンの楽しみが増えました。

|

« ACL広州恒大戦(2/26@ 広州) | トップページ | 速報広島戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ACL初戦を終えて:

« ACL広州恒大戦(2/26@ 広州) | トップページ | 速報広島戦 »