« 今シーズンを振り返って③ | トップページ | ユニフォーム<胸>新パートナー決定 »

2012年12月25日 (火)

今シーズンを振り返って③

秋になりシーズンも終盤になると、選手からも優勝の声が聞こえるようになってきたが、結局はこれで自分の首を絞める事になる。確かに夏場には負けない戦いは出来たが、勝ちはなかなか拾えなかった。どちらかと言えば、上位チームも含めて順調に勝ち星を伸ばす事が出来ない、チームが実力の差がない、Jリーグ全体としてだんご状態で浦和の成績もその上に成り立っていた。
今から振り返れば、ホームでのG大阪、札幌戦での敗戦が大きかった。それぞれ前の試合ではアウェイで柏、横浜と難敵を倒して、相手は降格圏内に沈む調子の上がらない相手で、これに対して何とかやれるじゃないと言うような軽いのりで望んで、予想通りと言うか戦術のない戦いで得点をあげる事が出来ず相手の戦術にもろにはまっての敗戦でした。そう言えば、広島→鳥栖での流れもこれと全く同じ。
振り返れば、本当の実力がないのになんか勘違いしてしまった。選手の気持ちは伝わってはきたが、それだけでは乗り越えることが出来ない部分、チームの真の実力と言うか、戦術の部分での熟成が足りなかったように思いますね。確かにボールは回って居るが、何故相手の急所に入るパスが選手同志の連動性がないのか?それが全く出来ないのならこんな事は言いません。軽やかにパス回して、選手同志の連動性もあり、綺麗にゴールを奪う場面も多く見られた。これを、相手が誰でも、そしていつでも出来るようなトレーニングが必要で、それは来シーズン、ミシャにに課された大きな課題であると思います。もう少しの部分、手を伸ばせば直ぐ届きそうですが、そう簡単には行かない部分ですよえ。
(続く)

|

« 今シーズンを振り返って③ | トップページ | ユニフォーム<胸>新パートナー決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今シーズンを振り返って③:

« 今シーズンを振り返って③ | トップページ | ユニフォーム<胸>新パートナー決定 »