« 大宰府に向けて出発 | トップページ | 鳥栖に行って来た2012 »

2012年11月25日 (日)

第33節 鳥栖戦(11/24@ ベススタ)

ACLをかけた戦い、互いに気持ちの伝わってくる戦いでしたが、鳥栖の戦術の前に完敗という一戦でした。
守備ブロックを作ってくる相手に柏木、槙野とミシャサッカーの二枚看板がいなかったにせよ、ただ単にDFブロックの外側でボールを回すだけ、中に入れるボールを狙われてカウンターを食らう、相手に研究されて手もあしも出ない状態でしたね。鳥栖のDFブロックは啓太の周りにブロックを作りそこに狙いをつけてショートカウンターを狙うというもの。
啓太の造るスペースを使えていない。マルシオ、梅崎がも少しポジショニングを下げてくるという選択肢もあったと思うのですが・・・よって前の三人には生きたボールが入らない。
暢久、阿部の位置から両WGにロングボールを出すが正確性にいまいち欠ける。通ったとしても中の枚数が少なく鳥栖DFに跳ね返される連続でした。しかし、鳥栖の攻撃に対して浦和のDFも冷静に対応しており、鳥栖には全くチャンスらしいチャンスを与えていませんでした。しかし、前半終了間際に鳥栖にサイドで起点を作られ、それを追い越して行く選手についていけず、更に中では絶対に押さえなくてはならない豊田のマークが外れてしまっている、外してはいけないポイントを外しまくりの何か間抜けな失点、しかもやられた時間帯が最悪。
後半、坪井→野田、どう見ても危なかしいパスをだし豊田のフィジカルにやられまくりの濱田交代と思ったが、坪井の守備より野田の攻撃力を買っての交代かと思われるが、この交代で完全にチームとしてのバランスが崩れてしまいました。後半の立ち上がり裏A中途半端なパス回しヲカケテ狙われて2回決定的なピンチを招いたが鳥栖のミスで何とか失点を免れたが、試合巧者のチームならばあの場面を決められ試合が決まってしまってもおかしくない状況でした。
しかし、浦和も前からプレスをかけて奪ったボールを梅崎の個人技でもって見事な同点ゴールを決める。試合は振り出しに戻ったわけですが、やはり鳥栖のカウンターの前に濱田のクリアボールが相手に渡ってしまい、また勝ち越しされる。
ミシャは平川→ポポで梅崎をWGにすると思われましたが、ポポがそのままWGの位置に入る。これで更にバランス悪化で自滅への道をたどることに。
カウンターからの鳥栖の攻めに対して、左サイドからの低いクロスを豊田にドスンと決められてしまいました。そりゃないわという感じの失点でした。豊田のフィジカルを誉めるべきなんでしょうが、何で中に一枚しかいない選手に決められてしまうのでしょうか?
その後はマルシオ、濱田の惜しいシュートはあったものの点を取り返すまでには至らず。内容的には鳥栖の戦術にはまっての完敗でした。これで5位まで落ちてACLのキップは本当に厳しくなってしまいました。

|

« 大宰府に向けて出発 | トップページ | 鳥栖に行って来た2012 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第33節 鳥栖戦(11/24@ ベススタ):

« 大宰府に向けて出発 | トップページ | 鳥栖に行って来た2012 »