« 天皇杯3回戦 | トップページ | »

2012年9月12日 (水)

W杯アジア最終予選イラク戦

W杯アジア最終予選イラク戦は、日本はイラクに1-0で勝利、勝ち点を10に伸ばした。香川が腰痛でメンバーから外れるが、清武が代わりに入りましたが無難に代役をはたした。
試合は序盤危ない場面もあったが、川島のセーブで無失点におさえる。イラクはジーコ率いるわけで、ジーコのこの日の戦略は、日本の攻めの選手、CB以外にマークをつけてきた。それなりの効果はあったが、攻めに出た場合の人数不足で日本はセットプレーだけ注意すれば良いことになる。
イラクは日本のサイド攻撃を止められず、長友は1対2でも相手をかわしてクロスを上げた。得点はスローインから、岡崎がDFの裏を取り、中央でフリーの前田に完璧なタイミングでクロスを送る。見事な得点でした。
試合はこのまま終わりましたが、危なげない内容で完勝でした。日本はこれで予選の折り返しで、ホーム全勝でこれは今後の戦いを考えると大きい。中東チームとの(3戦は全てアウェイ、オーストラリアがヨルダンに負けたことを考えると中東アウェイは何が起こるか分からない。

|

« 天皇杯3回戦 | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W杯アジア最終予選イラク戦:

« 天皇杯3回戦 | トップページ | »