« 第25節 横浜戦(9/15@日産スタ) | トップページ | 混戦J2 »

2012年9月17日 (月)

Gショックの電池を交換

Gショックの98年イルクジモデルの電池が切れてしまいました。Gショックですから、時計屋で防水チェックをしたうえだと5000円くらいとられるようですので、ネットで交換方法を調べてみる。Gショックには、裏ぶたがスクリューバックといわれるダイバー用に使われる防水用とパネルバックといわれる2種類があるようです。
パネルバックはドライバーで開けることが出来ますが、スクリューバックは自分で開けることは不可能、そこでネットで調べると、こんな商品をヒットした。スクリューバック・オープナーなるものです。
早速購入してトライするが、うんともすんともいわない。そのうちに、裏ぶたならず、自分の手も傷だらけになってしまう。しょうがないので、地元の怪しげな時計屋に修理を頼みました。万力のような専用の機械であける、なんでも中のパッキンが延びてしまい、開けずらくしているとここと。修理代とパッキン代で1960円でした。この値段なら修理を依頼しますね。結局、スクリュー-バック・オープナーなるものは役に立ちませんでした。

|

« 第25節 横浜戦(9/15@日産スタ) | トップページ | 混戦J2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Gショックの電池を交換:

« 第25節 横浜戦(9/15@日産スタ) | トップページ | 混戦J2 »