« 埼スタ到着 | トップページ | 第22節 鹿島戦(8/18@埼スタ) »

2012年8月18日 (土)

速報鹿島戦

試合開始前、レディアの出現にお天道様が驚いたわけではないが、時ならぬ雷雨に襲われた埼スタ。マルシオ欠場の穴が埋めらtるかがポイントです。
スタメンは
FWー原口
MFー柏木、梅崎、平川、宇賀神、啓大、阿部
DFー槇野、永田、坪井
GKー加藤
サブは、山岸、濱田、野田、小島、ポポ、ランコ、達也。マルシオは欠場、梅崎がシャドウに入る。主審は扇谷。
前半、浦和がボールを支配して浦和のペース。鹿島のフォーメーションは完全に前後分断、加えて両SHは完全にアリバイ守備、最初のプレッシャーをかわすと中盤はスルスルで、サイドチェンジのパスが面白いように決まる。左サイドで受けた宇賀神のシュートが相手DFをかすめてゴールイン。シュートを打たねば得点は入らない。その後綺麗なパス回しから、柏木が右サイドを崩してフリーの梅崎のシュートはクロスバーを直撃。
鹿島は全くリズムが掴めない。イエローもらった大迫を早くも代えるが効果的でない。
浦和は、宇賀神→原口、原口は完全に自分のかたちからゴールを決める。
後半、浦和が右サイドからチャンスを作る。鹿島は攻めてがない。CKから岩政がゴールを決めるが、その後試合は膠着状態に入る。鹿島は浦和のDFの外回りでボールを回すだけで、肝心なところにパスが入らない。ただ、セットプレーで岩政を再三フリーにしたのはいただけない。内容的には完勝。

|

« 埼スタ到着 | トップページ | 第22節 鹿島戦(8/18@埼スタ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報鹿島戦:

« 埼スタ到着 | トップページ | 第22節 鹿島戦(8/18@埼スタ) »