« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

ヤングなでしこ4 強進出

サッカー女子U20W杯の準々決勝で、日本は韓国と対戦、一度は同点に追いつかれるものの、追加点を奪い3-1の完勝、スコア以上に実力差はありましたね。
浦和の選手が5人?出ており、レッズレディースの試合にはあまり興味はないのですが、こういう試合を見るとレッズレディースの試合にも興味がわいて来る。
準決勝は今日行われるドイツvsノルウェーの勝者との対戦になる。フィジカルの上回る相手にどう戦うか注目されるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月30日 (木)

防災の日

南海トラフによる地震の被害予想が発表されました。発表では、死者の最大予想が32万人という衝撃的なものでした。阪神大震災が8000人、東日本大震災で18000人ですから、もすごい被害がでる。何でも千年に一回という地震に対しては想定外と言うことは許されない?私は阪神大震災にも遭遇し、東日本大震災にもと言うことで、生きている間に3度に遭遇するのは嫌だな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月29日 (水)

香川移籍後初ゴール

マンチェスターUに移籍した香川が、移籍後初ゴールをあげた。シュートのこぼれ球が、ゴール前フリーの香川のよころにこぼれてきてゴチャンゴールでした。シュートが決まった後の映像見るとオフサイドのようだが、DFの戻りが確かに遅い。よくあのばめんにいたという事ですね。
香川とともに移籍してきたファンペルシーもゴールを決めたが、香川と途中交代したルーニーは負傷で長期離脱を余儀なくされた。明暗をわけました。NHKBSでの放送ですが、放映されるまでに時間かかりすぎ。まあスカパーと比較する方が悪いか。でもNHKは、プレミアだけでなく、ブンデス、セリエAも放送するようで、カッサーノが加わったインテル、長友との絡みも面白そうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月28日 (火)

休み明け

夏休みも終わり、昨日から通常出勤に戻りました。暑さは相変わらずですが、朝方は随分とすずしい。
土曜日は大宮戦です。大宮は大型補強?をした訳ですが、その効果もなく、一気に降格圏内に突入、いつものポジションに戻って来ました。この状態で浦和と対戦、浦和が有利と思われるが、こういうとこでコロッと負けてしまうことが割りとあるわけです。気を引き締めていって欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休み明け

夏休みも終わり、昨日から通常出勤に戻りました。暑さは相変わらずですが、朝方は随分とすずしい。
土曜日は大宮戦です。大宮は大型補強?をした訳ですが、その効果もなく、一気に降格圏内に突入、いつものポジションに戻って来ました。この状態で浦和と対戦、浦和が有利と思われるが、こういうとこでコロッと負けてしまうことが割りとあるわけです。気を引き締めていって欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月27日 (月)

ヤングなでしこ準々決勝進出

サッカー女子のU20W杯、日本はスイスに、4-0で快勝、予選A組の1位を決め、準々決勝では韓国と対戦することになった。
試合は、田中の2発のFKをはじめ、スイスを圧倒、スイスが引いた状態で流れの中から、得点を奪うのは難しかったが、田中のFKは見事、1点目は右足で、2点目は左足で決める。まだまだ判断が遅く、ドリブル突破する場面も多かったが危なげなく勝ちました。
準々決勝は30日に国立で韓国と対戦する。8月の月末前だから無理をすれば何とかなるか。一応参戦することも検討しておきます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月26日 (日)

第23節 清水戦(8/25@エコパ)

終わってみれば、いつもの課題が残りました。しかし、清水にはホームに続いて勝利、ダブルでしたが、ゴトビは前回の教訓が全く生かされていない。オフサイドかどうかは分からない、PKかどうかは分からない、また負け惜しみとしか取れないコメントを残してくれました。浦和の戦術どうのこうより、あなたの能力に疑問を抱かざるを得ないことが決定的となった試合でした。スタメンは、
-----原口-----
--梅崎----丸塩--
宇賀神-阿部-啓太-平川
-槙野--永田--坪井-
-----加藤-----
サブに、山岸、濱田、野田、小島、ランコ、達也、ポポ。怪我で欠場の柏木に代わって梅崎、サイドに宇賀神という起用。マルシオが復帰、スタメンの選手起用はほぼ固定、ランコがベンチに復帰になりました。主審は井上。
前半、浦和の戦い方に手痛い敗戦を喫したゴトビはそれを教訓に今日の一戦に臨んでくると思いましたが、FW登録選手を5人起用して目くらましをしようとしましたが、そんな表面的なことだけで戦術面での工夫はなしでした。欠場の選手が多いのはしょうがないが、J1のレベルにない選手をスタメン抜擢、そこを見事に浦和につかれましたね。
浦和の戦い方を守備的とみているのですかね。そしたら、それは大いなる間違い。確かに5バックにもなるが、せめに転じると5トップにもなる。要は攻守の切り替えが早いということです。Jのレベルだと守備ゾーンをきっちりしかれると、それを華麗なパスワークで崩すチームなんていない。だから、攻守の切り替えを早めてカウンターを狙う、あるいはセットプレーを大事にする。どっちかですよね。
なのに、ゴトビは守備ブロックを作られた浦和守備陣の外側でボールを回しているだけ、肝心なところにはいるとこで浦和にパスカットを狙われ、それでカウンターを食らうという展開。攻めの選手の登録だけ多いことが攻撃重視のサッカーですか。かたはら痛いですよね。同じ戦術で戦い、まったくいいところなく敗れ、的外れな試合後のコメント、そしてハーフタイムの死ぬ気でやれには笑いをこらえざるを得ませんでした。他人事で全くの余計なおせっかいですが、この指揮官には今季限りでお引き取り願った方がよろしいようで・・・
浦和すれば、後半高原が入り、DFの空いたスペースに顔を出して、清水のペースになりましたが、何にも出来ない韓国人CFを起用するより高原のような動きをする方が怖い。もっと怖いのは、やはり大前、高木にサイドから積極的に仕掛けられてくること。ただし、大前は何か随分と太ってしまい、体の切れがなかったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月25日 (土)

速報清水戦

鹿島戦をしょっぱい戦い方で勝利したわけですが、苦手のアウエー清水戦でいかに鹿島戦の勝利をいかすか。柏木は怪我で欠場で、ベストメンバーはなかなかそろわない。

スタメンは
FWー原口
MFーマルシオ、梅崎、平川、宇賀神、啓大、阿部
DFー槇野、永田、坪井
GKー加藤
サブは、山岸、濱田、野田、小島、ポポ、ランコ、達也。柏木は怪我で欠場、梅崎がシャドウに入る。主審は井上。
前半、清水は5トップ?非常にゴージャスな選手起用。だけど、大前をトップ下に起用して全く彼の良いところを消してしまった。WGに配してゴリゴリとドリブル突破をしてくる法が怖い。金は全く役にたっていないし、高木の突破が怖いくらいでした。
清水は前から積極的にプレスをかけてくるわけでもなく、浦和のビルドアップは特に工夫するわけでもなく、中盤まで進出、慌ててチェックにくる清水DFをあざ笑うように、サイドに配給する。今日のように楽に中盤でボールを回すことが出来ると、両サイドが高い位置を取ることによって、5トップに4バックでギャップが生じてくるわけで、今日は徹底的にそこを地いていました。
清水のパスカットして、梅崎から平川に大きくサイドチェンジ、平川のクロスに長駆駆けあがってきた梅崎がボレーを決める。また、アレックスからボールを奪った梅崎がPA内に進出すると、アレックスのチャージはファウルで、このPKを阿部が確実に決める。
清水は、ブロックを作られた浦和の守備陣の外でバールを回すのみ、縦にボールを入れるところを浦和に狙われ、カウンターうをくうという悪循環に陥る。
後半、清水は高原投入、ゴトビの指示は前半は全く良いところないから後半は死ぬ気で戦えtぴうことみたいです。これで、清水は運動量はあがるが、15分くらいで息切れで結局は前半の展開と同じになってしまった。
試合後、ゴトビは「一点目はオフサイドかどうかは分からない。2点目はPKかどうか分からない。」とちからいっぱいの負け惜しみを言っていました。前の試合の教訓を全く生かせていない、ミシャの戦法にギャップを作られまくりで、戦術的に浦和対策を練ってきたのか、甚だ疑問の指揮官の戦い方でしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月24日 (金)

夏休み中

夏休みも残すところ3日になってしまいました。大原訪問もかなわず、だらりと何となく過ごしています。
明日は、清水戦なのですね。ホームでの戦いは完全にうちのペースにもっていけて、相手監督の言い訳をたくさんはかせる痛快な試合でしたね。高原、ワントップで大前、高木のWGがもう少し強烈かと思ったが、サイドに張っている印象で自分から仕掛けてくりわけでなかった。アレックスもいらついて、イエロー2枚で必然の退場で、スコアは、1-0でしたが内容的には完勝でしたね。
ただ、浦和の試合展開もいたって稚拙な感はまぬかれません。内容がスコアにともなうようなかたちにしないと。柏木、平川の怪我が噂されるなか、はたしてどんな展開となるのか、興味のある1戦ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月23日 (木)

頑張れ草津

頑張れ草津

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家族旅行中

家族旅行中
朝ごはん、ガッツリ食べた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月22日 (水)

家族旅行中

家族旅行中
白旗の湯、これは強烈、まともに湯船にはつかれなかった。共同温泉はどこもこんな感じか。アチい!でも気持ち良かった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家族旅行中

家族旅行中
昼飯なう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家族旅行中

家族旅行中
軽井沢ショッピングセンターなう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横川インターで休憩中

横川インターで休憩中
釜飯、だるま弁当も結構な値段するな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家族旅行中

家族旅行中
今日から一泊で草津温泉へ家族旅行。まずは軽井沢ショッピングセンターへ。
Jの経営内容が発表されたようです。一応、浦和は黒字でサポとしては不満の部分もあるがね経営的には独力で存続できる唯一のクラブ?堅実経営なのは今のJを考えれば、現実的的な対応、自力で若手を育成していくことが更に求められる。ウォルフスブルグと契約が残る長谷部を獲得にも二の足を踏むのは何となく分かる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月21日 (火)

夏休み中

あまりの暑さに目が覚める。この日差しはきつい、午後から大原行こうかなと思っていましたが、この暑さのためが練習&ファンサは中止らしいです。
さてと明日からの家族旅行のルートを計画しておきますか。軽井沢経由で草津温泉に行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月20日 (月)

今週は夏休み

今週は夏休み
今週は夏休みです。まずはボンドールでパン食べ放題のモーニングから。
ちょっとパンがパサパサで種類が少ない、クロワッサンがないのは致命的ですよ。サンマルクの方が断然に良い。パンの種類が少ないのはモーニングだからですか?

鹿島戦のレポートも真面目にアップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月19日 (日)

第22節 鹿島戦(8/18@埼スタ)

20120818_0001ジョルジさん、あれくらいで涙目になったらいかんよ。ACLを裁いていただく、特に中東系のレフリーからすれば、昨日の扇谷なんて至ってまとも。レフリーの判定が有利と出ることもあれば不利と出ることもあるからね。それがサッカーというものです!しかし、Yシャツを脱いだジョルジさん、寅さん並みのシャツ姿もセクシーでかわいかったよ。
20120818_0002スタメンは、
-----原口-----
--梅崎----柏木--
宇賀神-阿部-啓太-平川
-槙野--永田--坪井-
-----加藤-----
サブに、山岸、濱田、野田、小島、ランコ、達也、ポポ。出場停止のマルシオに代わって梅崎、サイドに宇賀神という起用。スタメンの選手起用はほぼ固定、ランコがベンチに復帰になりました。主審は扇谷。
前半、双方とも夏場を意識してか、あまりプレッシャーをかけてこずにひいてDFラインを固めるという守備態勢。立ち上がり、浦和がサイドから攻撃を仕掛けるが、クロスのセイドが低く鹿島DFにはじかれる。鹿島の守備は、2トップは守備にくるがそれをかいくぐると、中盤の守備がゆるゆる、両SHが2人とも俺王様で守備は完全にアリバイ守備で真剣に追ってこない。浦和のビルドアップも、啓太はいとも簡単に正面向けるし、最後尾から永田がドリブルで駆け上がることも多い。鹿島の中盤の守備がゆるゆるだから、逆サイドのフリーのWBへパスがどんどん決まるが、これもクロスの精度が低いのは今の浦和のお約束事みたいなもので、鹿島CBにはじき返されるだけ。
しかし、今日の浦和は綺麗にシュートを決めようとするだけでなく、ミドルで積極的にシュートをはなって行こうという意識は強かった。立ち上がりの槙野のシュートも惜しかったし、この意識が宇賀神の先制点につながったかと思います。大きくサイドチェンジした平川からのシュートは、鹿島DFではじかれるが、こぼれ球を宇賀神がシュートをすると見事にゴールに収まる。シュートをしなければ得点は入らないよという典型のようなゴールでした。
その後も、永田の持ち上がりから平川のクロスをフリーの梅崎がクロスバー直撃というシーンもあり。しかし、直後に、梅崎→宇賀神とつなぎ、宇賀神からワンタッチでパスをもらった原口が右アウトで切り返し、見事にシュートを決める。完全に原口ゾーンのシュートで完璧にかわされたのは山村でしたね。おれだけ見事にかわされると、シュートを決めた原口より山村を褒めたくなります。(笑)
鹿島は、両SHのわがままなプレーはめにつくが、カウンターのチャンスなく、浦和DFにゾーンをしかれると、守備ゾーンをそこ側でやたらにパスを回すだけで、肝心なところにパスがくるわけでないので全然怖さはない。むしろ、浦和DFのミスの方が怖い印象でした。大迫は早々イエローをもらい、阿部へのひじ打ちで退場になってもおかしくない出来でしたので、前半のうちに遠藤に交代。まあ、鹿島は前半は全く良いところ無しでした。
後半、浦和は右サイドから2度、ビックチャンスを作るが決め切れず。柏木の動きもいまいちで攻めの連動性も感じられなくなり、暑さからか運動量も落ちてくる。そんな中、CKから永田が岩政のマークを外してしまい、CKから失点。その後、鹿島もジュニーニョを投入してくるが、一度ひやりとしたシュートをうたれただけ。鹿島は浦和のDFの外側でパスを回しているだけで、セットプレーを警戒する必要があるのだが、また岩政のマークを外してフリーでヘッドを打たれることに。
浦和は、ランコと達也を投入して前から守備をしていこうということなのだが、余り効果的な交代とは言えず。むしろ、段取りの悪いボールボーイの球出しの方が、時間を使ってくれてこっちの方がよっぽど効果的でした。
鹿島も浦和の守備を崩す戦術はなkったようで、瓦斯が絶妙な戦術で攻めに厚みを加えてきたのに、比べれば鹿島の攻めはいかにも淡泊でした。でも、この鹿島に対しても守備はおろおろ状態になってしまうのはいただけない。今日の鹿島の出来だったら3点目を取りにいって勝負を決めて欲しかった。試合はやっとこ逃げ切り瓦斯戦の2の枚を喫せずにすみましたが決して褒められる内容ではありませんでした、鹿島に勝つということはまた格別なことでありますね。
20120818_0006監督が、今日のレフリングに関して文句をいっているようですが、ジュニーニョのPKだとしたらDFはチャージにいけなくなってしまいますし、それよりか、大迫が退場にならなかったし、ロスタイムもしっかり5分も取ってもらい鹿島の方が得は大きかったようなきがするのですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月18日 (土)

速報鹿島戦

試合開始前、レディアの出現にお天道様が驚いたわけではないが、時ならぬ雷雨に襲われた埼スタ。マルシオ欠場の穴が埋めらtるかがポイントです。
スタメンは
FWー原口
MFー柏木、梅崎、平川、宇賀神、啓大、阿部
DFー槇野、永田、坪井
GKー加藤
サブは、山岸、濱田、野田、小島、ポポ、ランコ、達也。マルシオは欠場、梅崎がシャドウに入る。主審は扇谷。
前半、浦和がボールを支配して浦和のペース。鹿島のフォーメーションは完全に前後分断、加えて両SHは完全にアリバイ守備、最初のプレッシャーをかわすと中盤はスルスルで、サイドチェンジのパスが面白いように決まる。左サイドで受けた宇賀神のシュートが相手DFをかすめてゴールイン。シュートを打たねば得点は入らない。その後綺麗なパス回しから、柏木が右サイドを崩してフリーの梅崎のシュートはクロスバーを直撃。
鹿島は全くリズムが掴めない。イエローもらった大迫を早くも代えるが効果的でない。
浦和は、宇賀神→原口、原口は完全に自分のかたちからゴールを決める。
後半、浦和が右サイドからチャンスを作る。鹿島は攻めてがない。CKから岩政がゴールを決めるが、その後試合は膠着状態に入る。鹿島は浦和のDFの外回りでボールを回すだけで、肝心なところにパスが入らない。ただ、セットプレーで岩政を再三フリーにしたのはいただけない。内容的には完勝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

埼スタ到着

時ならぬ雷雨。アーカイブは2005、予想 、堀之内の瓦斯戦ヘッド、ポンテ鹿島戦ゴール、新潟戦後サポへ挨拶、最後は天皇杯マリッチのゴールで最後は暢久が天皇杯を掲げる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月17日 (金)

明日は鹿島戦

お盆休みも今週で終わりの方も多いと思いますが、今週は鹿島戦@埼スタです。前節の神戸戦は、しっくり来ない敗戦で、それをいかに乗り越えるかがポイントです。
鹿島スタジアムでのアウエー戦は、鹿島に先制を許すが、ポポ、マルシオらのゴールで逆転勝ち、ここ数年ずっと辛酸をなめていた鹿島スタジアムでの戦いでの勝利はスッカとしたものでした。マルシオが累積警告で出場停止、ポポがFWに入り、原口がマルシオの位置に入りますか。内容的も結果も残して欲しいものです。
アーカイブの映像は2005年となりますが、予想では、瓦斯戦の堀之内のヘッド、鹿島戦のポンテのゴール、新潟戦サポへの挨拶、そして天皇杯マリッチのゴールで、最後は暢久が天皇杯を掲げる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月16日 (木)

歴史認識

竹島、尖閣諸島に韓国、中国よりいろいろと問題が起こって来ました。
韓国は、竹島、天皇陛下訪韓、従軍慰安婦と仕掛けて来ました。これだけやられると五輪での事件も薄れてしまいます。周辺諸国との歴史認識あるいは教育の問題が大きく違うことが根本にある。韓国、中国も経済発展して来て、国内事情も複雑。日本としても主張すべきはきっちとすることは大切でしが、何とか双方知恵を絞ってほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月14日 (火)

世間はお盆休み

世間はお盆休み中ではありますが、今週は出勤で夏休みは来週です。さすがに電車もガラガラで、座ることは出来ないが楽々新聞も読めます。今日は天気も雨なので仕事もそれなりにということで。さすがに昼飯に生ビールは飲みません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月13日 (月)

ロンドン五輪閉幕

ロンドン五輪が無事終了しました。サッカーは女子は銀メダル、男子は4位となり、結果として満足いくものが残せたと思います。
ただ、男子の3決終了後の韓国選手の政治的パフォーマンス、主将のコメントからしても確信犯ですな。JFAなり、JOCは断固たる行動を望みそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月12日 (日)

第21節 神戸戦(8/11@ホムスタ)

引く相手に対して攻めあぐみ、更に相手に退場者が出て数的優位になったにも関わらず、局面を打開出来ず。退場者を出した方はさらに守備的に引きこもり、まんまと勝利する。完全に数的不利な時のシナリオにのってしまっての、本当に不甲斐ない戦いでした。やっぱ、何か足りないのは分かるが、気持ちの部分でもそれが前に出てこず、たんたんと戦いたんたんと負けたそんな印象でした。
スタメンは、
-----原口-----
--柏木----丸塩--
梅崎-阿部--啓太-平川
-槙野--永田--坪井-
-----加藤-----
サブに、山岸、濱田、宇賀神、小島、矢島、達也、ポポ。スタメンの選手起用はほぼ固定、小島はベンチに復帰、ポポが合流ということになりました。主審は飯田。
前半、最初は神戸の時間帯が続き、CKから危ない場面もありましたが、浦和が後方よりしっかりビルドアップしてくると、浦和のペースとなりました。ただ、前3人との連携が悪く、サイドにふっての単発的な攻撃となってしまいました。それでも、平川の右サイドから攻撃して、いい形にもってはいくが、シュートまでもっていけない。綺麗な形で得点しようとする意識が強いのか、もう少し強引にシュートにもっていっても良いのかもしれない。
サイド攻撃は、右平川、右梅崎と槙野で攻め、サイドは完全に浦和が支配して、神戸はカウンターを狙ってくるという戦法でした。このカウンターにまんまとはまる。スペースに出したボールに加藤と大久保が交錯、これをPKを取られてしまいました。見方によっては、大久保がダイブを取られても良いようなプレーでした。
浦和の攻撃は、平川→原口のヘッドがあったくらいで、まったく決定機といえるプレーはなし。ゴール前でFKも何度かありましたが、これもキックが枠に飛ばない。さんざんな出来でした。
後半、浦和の優位は続き、神戸「は30分も残し1人退場となり、中央を固めてカウンターを狙うという戦術を徹底してきました。それに対して浦和は、相変わらずサイド攻撃をくりかえし、精度の高くないクロスを神戸にはじきかえされる展開となる。
柏木、マルシオがバイタルで正面を向ければまた違うのでしゅうが、ソウトハナラズ。ゴールを背にして後ろにボールを返してばかりでは得点にはならない。圧倒的に浦和が攻めるが神戸のゴールは割れない。逆にカウンターからパクに決定機をつかまれることも。
原口→ポポ、平川→宇賀神、啓太→小島と交代するが、流れをかえるには至らず。ミシャが選手固定で戦ってきましたがそのつけがそろそろでてきているような気がします。選手交代で流れを変えることがかにませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月11日 (土)

速報神戸戦

蒸し暑いなかでのシアイ。くそ試合になってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さあ準備は整った

風呂にも入り、あとはスカパーが始まるのを待つばかり。仙台は札幌に負けたし、さあ今日は勝つのみ。ホムスタ、初勝利を宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月10日 (金)

グレードジャニー完結

なでしこジャパン、佐々木監督に率いられたグレードジャーニーは完結しました。W杯を制し、金を取るとして望んだ今回の五輪、目標達成はならなかったが内容的には非常に見事な戦いでした。
失点した場面の守備のからだの寄せの甘さとか課題はありますが、次に繋がる価値ある銀メダルかと思います。だけど、モーガン、ハンドじゃねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 9日 (木)

PC買い換え?

PCの調子がいまいちで、先週はWindowsが立ち上がらず、セーフモードから立ち上げて落ち着いている。購入して4年で、過去の買い換えサイクルからすると、HDDがクラッシュ、キーボードが壊れて買い換えになるパターンとなる。いずれも、その直前にリカバリーをしています。今のPCももうリカバリーは行っており、いつ御臨終になってもおかしくない。
買い換えしても良いのですが、Windows8が11月に発売されることが決断を鈍らせている。でも1200円でのアップグレードキャンペーンがあるから、今販売されている機種で高スペックのものを狙うのも1つの方法だ。例えば、i7のクアッドコアでメモリ8Gくらいのものを買っておけば、Windows8にアップグレードしても大丈夫か。価格.comで見ると、75000円くらいですか。あるいはHDDを取り換えるのも1つの方法ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 8日 (水)

メキシコに完敗

決勝進出をかけた男子サッカー、メキシコ戦。大会前のテストマッチでも勝利、この日もテストマッチと同じで、先制したのは日本。ここでメキシコ与し易しと思ってしまったのか、テストマッチと本番ではメキシコは違いましたね。
CKから失点、自軍ゴール前からボールロストして失点。いずれもミスからかか。CKも最初は味方の頭にあたっているし、ゴールした選手の後ろでマークしていてもしょうがない。相手選手の前に出ねばよ
扇原のボールロストにしても、あの状況で慌てて権田は扇原にボールを渡す必要あったか。ボールを奪われた扇原のプレーも軽かったが・・・
これで3位決定戦は因縁の韓国との対戦、韓国はブラジルW杯を見据えたAチームとなる面子らしい。日本との差というか、ちと違うね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 7日 (火)

なでしこ決勝進出

五輪サッカー女子の準決勝、日本vsフランスは日本が2-1で勝利して、決勝戦進出を果たした。しかし、苦しい戦いでした。2-0のところまでは良かったのですが、その後は一方的に攻められまくり、フランスがPKを外したりで、フランスの焦りから来るミスに助けられた印象でした。サッカーの聖地ウェンブレーでの歴史的勝利、格別なものがあります。
決勝での対戦相手はW杯と同じ世界ランク1位のアメリカ、しかし、アメリカも準決勝ではカナダ相手に大苦戦、延長戦の末、4-3での決勝進出、コンデション考えるとなでしこ優位か、まあここまで来ると関係ないか、後は気持ちの部分が強いか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 6日 (月)

ロンドン五輪

オリンピック真っ只中ですが、あまり熱心に見ていません。何せ時差があるので、睡魔に負けてしまいます。時差は8時間ですか、この間の男子サッカーくらいのタイミングですと、良いのですが。あれは現地時間で13:00ですか、現地のゴールデンの時間帯は厳しいですね。
女子マラソンは全然弱くなってしまいました。日本のお家芸だと思っていましたが、男子と同じでもはやアフリカ勢には歯が立たない状況になってしまいまいたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

第20節 瓦斯戦(8/4@埼スタ)

20120804_0003 まだまだですね。前半であげた2得点が余りに見事なかたちでの得点だっただけに・・・「勘違いするな、修行はまだこれからだぞ」という天の声によって導きたまわれたそう思うしかないですね。ステップ・バイ・ステップ、悔しいけどそう思うしかないですね。慌てず急がず、一歩ずつずつですかね。去年から比べれば天と地だからね。
20120804_0001スタメンは、
-----原口-----
--丸塩----梅崎--
宇賀神-阿部--啓太-平川
-槙野--永田--坪井-
-----加藤-----
サブに、山岸、濱田、野田、小島、矢島、達也、ポポ。スタメンの選手起用はほぼ固定、小島はベンチに復帰、ポポが合流ということになりました。主審は村上。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 4日 (土)

速報瓦斯戦

世間はオリンピックですが、夏場のこの時期の戦いは重要です。柏木はイエロー累積で出場停止。浦和のダイナモの柏木の穴を埋められるかがポイント。
スタメンは
FWー原口
MFー梅崎、マルシオ、平川、宇賀神、啓大、阿部
DFー槇野、永田、坪井
GKー加藤
サブは、山岸、濱田、野田、小島、矢島、達也、ポポ。柏木のポジションには梅崎が入る。平川が右WBに復帰、宇賀神が左に回る。心配された原口もスタメン出場。主審は村上。
前半、暑さを考えてか瓦斯は前からプレスに来ない。阿部、啓大、永田の三人でビルドアップしていく。平川が俊足を生かし右さいどから再三チャンスメイク。そうなると瓦斯は平川ケアすると、石川が攻めに出るあと、宇賀神がフリーになる。
浦和はサイド攻撃からチャンスをつかむ。セットプレーからこぼれた玉を宇賀神があシュートをすると綺麗な弧を描いてゴールイン。GKはブラインドだったのか反応出来ず。
その後瓦斯がボールを支配する時間が続いていたが、ごぼれ玉から決定機を2度ほど作らるが守備陣は安定。啓大からのスルーパスからマルシオへの綺麗な崩しで浦和が追加点を奪う。瓦斯は浦和に引かれると攻めてなし。
後半、瓦斯は渡邊を下げてルーカスのワントップに代えると、ボールの回りが良くなる。左サイドを崩され失点。さらに梶山が入って来ると、さらに状況は悪くなる。長谷川が決定機を外すが2回目には、きちんと決められる。
浦和は後半全く良いところなし。前半タコ殴りして、後半タコ殴りにあう。絶対的に有利な状況から、一旦崩れると修正が効かない。これがこのチームの現実か。まだまだだな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

埼スタ到着

埼スタ到着
積乱雲やばかったが雨は降らず♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 3日 (金)

明日は瓦斯戦

五輪開催中のまっただなか、地味にJリーグは開催されます。男女とも決勝トーナメント進出、明日は男子の試合はJリーグの試合と被っている。
前回の瓦斯戦は本当に好試合、お互いの良さを出しきった展開でした。終盤にマルシオのシュートで先制した浦和が勝ちきるかと思ったのもつかの間、ATにCKから失点し引き分けに終わりました。内容からすれば引き分けという結果は妥当なものでしたが、勝ちきれない試合が多い今季を象徴するような試合でした。このところ10試合負けなしとは言うものの、勝ちは4試合しかありません。前回の結果もふまえ勝ちきる試合として欲しい。
6時からの試合開始で、関塚ジャパンがこの試合のあとで、埼スタでPVあるの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 2日 (木)

五輪サッカー

なでしことともにけっしょトーナメントへの進出を決めている男子サッカーですが、予選最終戦はホンジュラスと対戦、控えめメンバーを起用するも引き分けで予選1位抜け、決勝トーナメントではエジプトでの対戦となりました。
男女とも、準々決勝が1つのアヤですね。ここで勝つと一気にということもあり得るような気がします。メキシコでメダルを取ったのは44年前?記憶は一応あります。
準々決勝は瓦斯戦のあとでPVをやるの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 1日 (水)

なでしこ2 位通過

五輪女子サッカーの予選し南アフリカ戦、狙いとおりだったのか南アフリカとはスコアレスドローで、二位通過となりました。準々決勝の相手はイギリスか、ブラジルで1位通過のフランス、アメリカよりは楽なのでしょうか?イギリスもつよいし、地元だから大変な戦いになりそう。次の戦いがポイントです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »