« 速報磐田戦 | トップページ | パフォーマンス »

2012年7月29日 (日)

第19節 磐田戦(7/28@埼スタ)

Dscf0001 うだるような暑さの中、まだ日も完全に落ちていない真夏の夕方の戦い、お互いに体力の温存を図っておく必要があったわけですね。前半様子見で後半に勝負をかけるという戦略が読み取れる戦いになったわけで、先制することが必要とりました。

Dscf0000スタメンは
-----原口-----
--柏木----丸塩--
梅崎-阿部--啓太-宇賀神
-槙野--永田--坪井-
-----加藤-----
サブに、山岸、濱田、暢久、野田、小島、達也、ランコ。スタメンの選手起用はほぼ固定、小島はベンチに復帰、ポポが合流ということになりました。主審は山本。
前半、今年の消化した2試合は磐田が前線から強烈にプレスをかけてきましたが、今日は暑さのためかプレスの激しさは感じませんでした。どちらかというと、4-4-2の2ラインを綺麗にしいて、ラインを高めにとって、浦和の前の3人にスペースを与えないという守備陣形だったような気がしました。
ボールの支配率では浦和が優位に立って、両WBも高めの位置にはっており、磐田のラインのギャップをつくという意図は良くわかりました。啓太がボールを受けに降りて行くスペースに柏木なりマルシオが降りてきて、という形はあえて取らなかった様子。よって柏木、マルシオになかなかボールがおさまらない展開となりました。
ただ磐田も、前回の対戦で苦しめられた山田、ペクがいないため、サイド攻撃も駒野の単騎となり、これには梅崎が十分にケアをしていました。また、なぜか山崎を左サイドにはらせていたのも疑問、前田が前線で孤立そてしまい、むしろ前田、山崎の2トップでやられた方が浦和としては守り憎かった気がしました。
ただ、浦和の高く張った両WBにボールが通らない、DFラインから逆サイドのWBへのロングパスは効果的でビックチャンスを作りだすのですが、この日は全くの不発で特に、永田→宇賀神へはパスが通った?それでも、両サイドにはいい感じでボールがわたり、梅崎は槙野とのコンビでいい形を突くうていましたが、宇賀神はまた昔の宇賀神に戻ってしまったのようなパフォーマンスでクロスの精度がでんでダメでした。
そんな中、センターライン近くで原口にボールがわたり、原口がドリブルで攻め上がるとマルシオが作ったスペースに柏木が攻め上がり、柏木がシュートを決める。前3人に両サイドの2人も駆け上がっており、今年の浦和を象徴したような素晴らしい得点でした。
後半、磐田も攻めでて浦和がカウンターで応える展開となる。原口が盛んにDFの裏を取ろうとするがボールはつながらない。しかし、DFラインの裏に抜け出して相手GKと交錯してPKゲット。このプレーで原口は危険は倒れ方をして首を痛めてポポと交代となる。原口が得たこのPKですが、マルシオのPKは相手GKのセーブにあってしまい、追加点を奪えず。
しかし、ポポが入るとこによって浦和のボール回しは活性化していく。梅崎のクロスに、マルシオ→柏木のシュートがフリーの阿部のところにこぼれて、阿部が確実にゴールを決める。
足がつり気味の梅崎に代わり野田が交代、アウエーでの試合では期待にこたえられなかったのだですが、この試合は無難に代役をこなしました。宇賀神はサイドで再三ふりーとなるが肝心なとこで正確なクロスを上げることは出来なかった。昔のパフォーマンスに逆戻りしてしまったか。
Dscf0002スコア的にも2-0で相手を完封したことは大きかった。守備については磐田の攻めがあっまりだったが、集中力を切らすことなく完璧に近い出来でした。内容的にも、非常に効果的な攻めが出来ており完勝の内容でした。夏場が深まっていくなかで、非常に光明が見えた一戦でした。

|

« 速報磐田戦 | トップページ | パフォーマンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第19節 磐田戦(7/28@埼スタ):

« 速報磐田戦 | トップページ | パフォーマンス »