« 今日は代表ヨルダン戦 | トップページ | ユーロ開幕 »

2012年6月 9日 (土)

W杯最終予選 ヨルダン戦(6/8@埼スタ)

予想外の大勝となってしまいました。ホーム2連戦で、3-0、6-0での完璧な連勝。予選勝ち抜けには勝ち点12が必要ということなら、すでにその半分をゲットしてしまったということ。来週の豪州戦勝利なら、はや当確ランプがついてくるという感じですか。大戦相手の豪州ですが、アウェーでオマーンにスコアレスドローで調子は上がっていない様子ですので、ここで一気に叩いておきたい。
スタメンは、
 ----前田-----
 -香川--本田-岡崎-
 --長谷部--遠藤--
 長友-今野-吉田-内田
 -----川島----
予想されたメンバーとなりました。前半の立ち上がりから日本ペースで岡崎の惜しいシュートがあり、前田が先制点を上げると完全に日本ペース。遠藤の絶妙なスルーパスに本田が抜け出し2点目。ヨルダンは長谷部にたいするラフプレーで退場者が出てしまい、後は日本が何点とるかに興味は移ってしまいました。またも遠藤からのスルーパスに抜け出た岡崎ノシュートに半田が反応して3点目。そして、香川が内田sからのパスをもらいゴール正面からシュートを決める。全くの日本ペースでヨルダンはまったく日本ゴールに攻められないといほどの一方的な展開でした。
後半、あとは怪我人がでるなということですが、吉田が怪我で離脱してしまいました。高さのある豪州戦は少し不安。前田がPKゲットして本田が決めて、カズいらいの代表戦のハットトリックを決める。最後は栗原がヘッドを決めて終了。
これ以上ないという内容で連勝しましたね。引いた相手をいかに崩すかという点も解消されちあるし、決定力も上がってきました。豪州戦でどんな戦いをするか注目するところです。ただし、予選勝ち抜けには、2位以内に入ればよいわけで、現実的な問題としては豪州に勝とうが負けようが、要は残りにチームに勝てばいいわけでぬるこい状況での戦いということなのでしょうか。本当はもう少ししびれる戦いを見てみたいのですが。

|

« 今日は代表ヨルダン戦 | トップページ | ユーロ開幕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W杯最終予選 ヨルダン戦(6/8@埼スタ):

« 今日は代表ヨルダン戦 | トップページ | ユーロ開幕 »