« WiFi設定 | トップページ | リーガルシューズ »

2012年6月 3日 (日)

W杯最終予選 オマーン戦(6/3@埼スタ)

 W杯最終予選初戦は厳しい戦いになるのは恒例のこと、前回も初戦のバーレーン戦、3-0のしかも相手が一人少ない状態からの、終わってみれば3-2の辛勝。ホーム埼スタとはいえ、過去の経験すれば決して侮ってはいけない。おそらくオマーンは引いて守ってくるでしょうから、引いた相手をいかに崩すかということ。
注目されるスタメンは、
 ----前田-----
 -香川--本田-岡崎-
 --長谷部--遠藤--
 長友-今野-吉田-内田
 -----川島----
予想されたメンバー、前半の立ち上がりは心配した通り、引いた相手に対してパスは通るがシュートが打てない展開となると思ったら、最初のシュートで見事に本田がゴール。長友の左サイドのクロスに本田がどんぴしゃりという感じでした。その後も、長友から岡崎のフリーのヘッド、あれは決めなくてはいけない。
前半は、日本が先制するとオマーンは中途半端に攻めに出て、日本にカウンターをくうパターンでした。なぜ前にでてきたのかと思うところですが、日本がボールをとるポイントをいつもより後ろ目にして、あえてオマーンにボールを回させて、カウンターを狙っている戦法だったのか。前半にもう1点取れれば、というとこが課題ですか。
後半に入ると、前半の課題を見事に吹き飛ばしてくれた。まずは、香川のクロスに前田がオフサイド臭い形ながらうまくボールコントロールして追加点、その直後に今度は、香川からボールを受けた前田がシュート、GKがはじいたボールを岡崎が一度はGKにセーブされながら押し込むんで3点目。この、連続得点で完全に勝負あり。
日本は、イエローもらった内田に代わり酒井が登場。終盤に、右サイドからの崩しで本田にラストパスを送ったがゴールならず。あまり見せ場は作れなかった。清武、細貝が途中出場。
オマーンは明らかに実力的には落ちますね。プレミアに所属するGKはナイスセーブ連発したが、あとはいいところは無し。結局シュートはゼロだった?日本は危なげなく初戦を勝利した。最高のかたちで初戦を終わったが、ホームのヨルダン、アウエーでの豪州戦と連戦が続く、決して楽観は出来ない。

|

« WiFi設定 | トップページ | リーガルシューズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W杯最終予選 オマーン戦(6/3@埼スタ):

« WiFi設定 | トップページ | リーガルシューズ »