« 【ユーロ】スペインvsイタリア | トップページ | ユーロ ポルトガルvs デンマーク »

2012年6月13日 (水)

W杯最終予選 豪州戦(6/12@ブリスベーン)

 お笑い審判といいますか、完全に主審にあてられてしまいました。豪州のミリガンが退場した時点で、前半でイエローを1枚もらっている栗原の退場は覚悟しました。しかし、あのPKは想定外でした。内田がちょことさわったら相手が倒れたという感じでした。恐るべし、サウジの主審、まさに中東の笛、栗原、今野のCBはイラク戦は出場停止で次にあたるイラクは有利だなということですか。涙目の恩地氏ねという感じのしばらくぶりのこ糞審判。最後の本田のFKが蹴る前に終わってしまったのは、お笑い以外の何物でない。 確か、82年のW杯ブラジルvsソ連で、ブラジルは黄金の4人で最後のCKから勝がち越し点が決まったかに見えたが、CKを蹴った瞬間に試合終了で結局ゴールは認められなかった。あの時は余りにブラジルが強すぎるので、審判がちと調整したという印象が残りました。あの時以来の衝撃です。

|

« 【ユーロ】スペインvsイタリア | トップページ | ユーロ ポルトガルvs デンマーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W杯最終予選 豪州戦(6/12@ブリスベーン):

« 【ユーロ】スペインvsイタリア | トップページ | ユーロ ポルトガルvs デンマーク »