« 明日は仙台戦 | トップページ | 第15節 仙台戦(6/23@埼スタ) »

2012年6月23日 (土)

速報仙台戦

前節のG大阪戦はロスタイムに梅崎の劇的なシュートで勝利し、3位に上がり首位の仙台との一戦。前節の勝ちをいかすためにも勝利したいところ。
スタメンは
FWー原口
MFーマルシオ、柏木、梅崎、宇賀神、小島、阿部
DFー槇野、永田、坪井
GKー加藤
サブは山岸、濱田、高橋、暢久、矢島、達也、ランコ。平川、啓大は欠場。マルシオ、柏木のコンデションもうまく気になるところ。主審、西村
前半、お互いに守備を意識した戦いで、バイタルではほとんどスペースなし。浦和も仙台も前からがつがつプレスをかけてけでないが、守備は固い。
浦和はマルシオ、柏木に全くボールが入らない。サイドから梅崎、宇賀神が攻め上がるが単騎では攻撃に厚みがない。仙台は両SBが高い位置取りしてくるので、その裏のスペースが狙い目だが太田とりゃんが絡んでくるから厄介。仙台はCKからつないだボールをフリーで角田がシュートした場面が、両方通じての決定機はこれのみ。
後半、立ち上がりから浦和が前目からプレスをかけだすと仙台はビルドアップ出来なくなる。マルシオ、柏木がバイタルで前を向いてボールを受けるようになる。マルシオのポストをはたいたミドル、宇賀神のクロスなど完全に浦和の時間帯となるがこの時間帯に得点出来なかったのが、勝負のあやでした。
仙台はブロックを作られた浦和のDF陣を崩す工夫なし。心配した柳沢の爆発はなし、守備に関しては安心して見ていられました。選手交代するが効果的とは言えず、引き分けで終了。黒ユニ参戦で負けないで終わったことを良しとするか。

|

« 明日は仙台戦 | トップページ | 第15節 仙台戦(6/23@埼スタ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報仙台戦:

« 明日は仙台戦 | トップページ | 第15節 仙台戦(6/23@埼スタ) »