« 速報仙台戦 | トップページ | お買いもの »

2012年6月24日 (日)

第15節 仙台戦(6/23@埼スタ)

Dscf0001終わってみれば至って妥当な結果に終わりました。DFラインをしっかりひいた浦和に仙台は全くといっていいほど攻め手はありませんでした。引きこもりサッカーと揶揄されそうですが、浦和はボールの奪取ポインットをしぼって、ボール奪取後にカウンターをかますという戦術なのでしょうが、ボールに対するラフプレー気味Dscf0006
仙台のプレーに手を焼いた感じでした。スタメンは
-----原口-----
--柏木----丸塩--
梅崎-阿部-小島-宇賀神
-槙野--永田--坪井-
-----加藤-----
サブに、山岸、濱田、峻希、暢久、矢島、達也、ランコ。出場が危ぶまれていたマルシオ、柏木はスタメン出場、啓太にかわり小島がスタメン出場。矢島、達也が控えに入る。主審は西村。
前半、仙台は前目からプレスをかけてきて両SBが非常に高い位置取りをしている。浦和は啓太の代わりに小島が入ったことによりG大阪戦ではビルドアップの時、非常に苦労していたのがうかがえ、きょうはその修正ができているかも興味の一つでした。とにかく小島は前への気持ちが強すぎて、啓太のようにスペースを埋める動きが出来ていないと感じていたわけですが。この試合では阿部と入れ替わりで最終ラインに入り、ビルドアップをしてボール回しのバリエーショオンは増えたように感じました。
ただし、仙台のサイド攻撃が厄介なので梅崎、宇賀神は高い位置をとれずに5バック状態になって、仙台も守備ブロックを作られるとバールを回すだけで、リャン、大田にボールが入らなければ怖くはない。仙台にボールを持たせていたという感じでした。5バック状態ですと、攻守を早く切り替えていかないと攻撃に厚みがない。G大阪戦のような立ち上がりの不用意な失点をおそれて慎重な戦い方でした。
DFラインが深い分だけボールの奪取ポイントは、大田、リャンにボールが入ったところだったのでしょうかね、そうなるとカウンターするにしても厳しい。不用意にマルシオ、柏木にボールを送って中途半端に奪われたら厳しくなるから、マルシオ、柏木にはなかなかボールがおさまわない。よって、原口が仙台の高いDFラインを裏を狙ってロングボールという攻撃しかなかったわけですが、これがオフサイド取られまくりでした。
お互いに、慎重にというか消極的すぎて、決定機は仙台のCKからボールをつないで角田がフリーでうったシュートくらいしか両チーム合わせた決定機はありませんでした。消極的すぎて見どころにない前半ということでした。
後半、立ち上がり浦和が攻勢を強める。前からきつめにプレスをかけると、前目でボールを奪取できるようになり、マルシオ、柏木にボールが配給されるようになる。マルシオのミドルがポストをたたいたり、右サイドからの攻撃で梅崎に合わなかった場面、梅崎のヘッドがGKセーブでクロスバーを叩いたりと一気にうらわのペースになりましたが、これも15分で息切れ。ここで得点出来なかったのが今日の試合のあやでした。
原口はもともと足元でボールをもらいたがる傾向が強かったわけですが、DFの裏を取るように動いたのは攻撃パターンが増加したということなのですが、いかんせんオフサイド取られ過ぎ、相手DFラインを良く確認してほしいものです。
その後、浦和がボールを支配する時間は長かったのですが、効果的な攻めは出来ず。原口→達也、小島→暢久と交代して、暢久のクロスから達也のヘッドが決まったかに見えたがオフサイドの判定。バック側の線審は非常に微妙な判定をしていました。また、主審の西村も美妙な判定多い、なんでこんな審判が評価を受けるのかよくわからないというか調子乗るな、西村して、という感じですね。
結局、後半15分間は見どころありましたが、後は仙台にお付き合いするようにフェードアウトしてしまいました。内容的には消極的な守りあいの試合でした。まあ、首位相手に勝ち点1をとったことを良しとするべきなのでしょうか。仙台は、ボール際が非常に厳しく、ラフペレー連発のKリーグのチームのような印象でした。そのハードさで首位をキープしているのでしょうね。

|

« 速報仙台戦 | トップページ | お買いもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第15節 仙台戦(6/23@埼スタ):

« 速報仙台戦 | トップページ | お買いもの »