« 速報G大阪戦 | トップページ | G大阪考 »

2012年6月17日 (日)

第14節 G大阪戦(6/16@万博)

試合内容を見てみると、注意しなくてはいけないプレーで失点し、ワンチャンスをいかし同点へ、相手の運動量が落ちたのになかなか有効なプレーが出来ず、まさに勝ち点3を得たという結果のみの内容だったと思います。しかし、2008年以降煮え湯を飲まされ続けた万博で勝利したのは格別、内容良くても勝ち切れなかった瓦斯戦を乗り越えての勝利、内容乏しくも妙に勝負強かった浦和が戻ってくるきっかけとしてもらいたいものです。

スタメンは
-----原口-----
--柏木----丸塩--
梅崎-阿部--小島-平川
-槙野--永田--坪井-
-----加藤-----
サブに、山岸、濱田、宇賀神、暢久、矢島、達也、ランコ。出場が危ぶまれていたマルシオ、柏木はスタメン出場、啓太にかわり小島がスタメン出場。矢島、達也が控えに入る。主審は高山。

前半、W杯中断で石垣島キャンプをはったG大阪、今野、遠藤はベンチ温存でしたが、試合開始より積極的に前からプレスをかけてくる。浦和はそのプレスをかいくぐれずに全くと言っていいほど攻めのかたちが作れない。DFラインからのビルドアップが出来ないから、マルシオ、柏木にいい形でボールが入らないから前を向けない。パスミスも多くG大阪が不調で無かったら、前半で試合を決められてしまってもおかしくない感じでした。特に、啓太の代わりに入った小島ですが、啓太はビルドアップするときにスペースを埋める動きをするのですが、前にいく気持ちが強すぎるのか、あるいはG大阪がボールを奪取するポイントとして小島に狙いを絞ってきていたため、うまくボールが回せない要因となっていました。
G大阪はパス回しは普通に回っていましたし、DFもボールの奪いところを連動しておりキャンプの効果はそれなりに出ていたようです。G大阪はサイドを使い攻めてくるので、浦和の平川、梅崎は高い位置取りが出来ずに、DFにおわれ5バック状態に置かれていました。そして、一番気をつけねばならないCKからの佐藤のヘッドにやられあっさりと失点、一番注意しなくてはならない選手をドフリーにするのってどうなの?その後もG大阪の攻撃が続き、何とか加藤のセーブで逃れていました。
そして、前半の唯一のチャンス、マルシオから柏木にパスがわたり、柏木から原口にスルーパス、原口がこれを見事に決める。唯一のチャンスを決めた浦和と、チャンスを加藤のセーブで決められずに前半を終えた、これが今日の試合のアヤでしたね。
後半、満を持しての遠藤投入?ただ、これは効果的とはいえず、運動量のおとろえで遠藤の投入がマッチせずに自ら首をしめてしまったのは新人監督の松波を責めるの酷ですか。前節の鳥栖戦でも、2点リードしながら後半運動量ががた落ちしてまさかの敗戦を喫したわけですが、今日も後半に入ると運動量が落ちてきて、浦和が優勢な展開となる。故障をおしてのマルシオに代わり矢島投入。矢島は得点チャンスの場面にも顔をだして、それなりの何かを感じさせる。浦和の攻撃を活性化させる。
何度かチャンスはあったが、梅崎→矢島の場面は決めて欲しかった。また、槙野までも攻撃参加してきて決定的なシュートを放つ。浦和は中盤でタメを作れるようになり、セカンドボ0ルも拾えるようになり、バイタルで柏木が前をむいてプレー出来るようになったのが大きかった。
G大阪は、遠藤がそれなりにタメをつくったプレーをするが時間の経過とともに運動量が落ちてきたのは致命的。また、いい感じでボールを回るのですが、パウリーニョが無理やりシュートを放ちそれがことごとく枠外でしたか、浦和にとってはラッキーでした。
雨の強まり、厳しいコンデションのなか、柏木、梅崎らのぎりぎりの状態のプレーだったと思いますが、ロスタイムに柏木から左サイドを駆け上がった梅崎にパスが通り、梅崎は今までのシュートが決め切れなかったをふるはらうかのように見事にシュートを決める。最後のつからを振り絞ったまさに執念のプレーだったかと思います。
G大阪は前半こそはDFの意思が統一されて石垣島の合宿はそれなりに効果はあったのでしょうが、後半にあれだけ運動量ががた落ちすれば、パスサッカーを標榜していくのは非常に厳しいと思います。何のための合宿だったのといわれないように頑張ってください。浦和もメロンを食べにいっただけの合宿をやった経験はありますが・・・。レアンドロを取るようですね。パスサッカーは捨ててタテポンでレアンドロの個人技をいかすサッカーに切り替えるのが降格戦を勝ち抜く現実的な戦術かもしれませんね。

|

« 速報G大阪戦 | トップページ | G大阪考 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第14節 G大阪戦(6/16@万博):

« 速報G大阪戦 | トップページ | G大阪考 »