« 第12節 清水戦(5/19@埼スタ | トップページ | 天皇杯日程 »

2012年5月21日 (月)

守備的サッカー?

 清水戦の戦い方ですが、守備的と批判されている方もいらっしゃいますが、どうなのでしょうか?攻める時、守る時に応じて対処する人数を変えて来るの当然かと思います。清水のようにサイド攻撃に特徴のあるチームの場合、浦和のシステムからすれば、両WBが対応せざるを得ない。攻められる局面だけを取り上げられました5バックのドン引きと言われるのはどうかと思う。
確かに、下がって相手のスペースを埋めるのは効果的かも知れないが、これだと攻めに出た時ダメですよね。そこに素晴らしいFWがいれば話は別ですが、今のJにそんな選手はいない。だとすれば、人数をかけ連動性を高めていくしかないと思います。となると、攻守の切り替えの早さがポイントになってくると思います。これがミシャの目指しているサッカーだと思うのですが・・・
コトビのコメントもマスコミにうまくのせられた感じでしたね。ミシャのサッカーは見てて面白い。確かに、守る部分を考えれば守備的だが、攻守の切り替えが早い。攻撃に人数も欠ける。主体的なサッカーなんだよな。決して、○○頼みのなんとかサッカーじゃない。自分で考えて走らねばならない。

|

« 第12節 清水戦(5/19@埼スタ | トップページ | 天皇杯日程 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 守備的サッカー?:

« 第12節 清水戦(5/19@埼スタ | トップページ | 天皇杯日程 »