« 埼スタ到着 | トップページ | 第11節 新潟戦(5/12@埼スタ) »

2012年5月12日 (土)

速報新潟戦

速報新潟戦
GWの連戦を五分の星で乗りきった浦和。怪我人も出ているが、調子の上がらない新潟からは勝ち点3が欲しいところです。メンバーの入れ替えも若干あり。
スタメンは、
FWー原口
MFー柏木、マルシオ、梅崎、平川、阿部、啓大
DFー槙野、永田、坪井
GKー加藤
サブは、山岸、濱田、暢久、小島、宇賀神、セル、ランコ。怪我のポポは欠場、代わりに原口がワントップ。梅崎はスタメン復帰、平川も大事ないようす、この2人だけは欠けて欲しくない。セルがサブ入り。主審は佐藤。
前半、引いてくる新潟に対してボール回しが今日のポイントですが、DFラインできっちりとボールをキープし、前にボールを入れるタイミングを図っている。柏木とマルシオがうまく絡み、左の梅崎と槙野での左からの攻撃が目につく。平川は開始直後の怪我で宇賀神と交代。
浦和の先制点は左サイドを槙野が個人ー技でゴールライン間際まで突破し、マルシオが決める。パスワークに個人技がかみあった素晴らしい得点でした。
守備も簡単にクロスを上げさせず修正はきいていましたが、セットプレーのこぼれ球をブルーのに押し込まれ同点、もったいない失点でした。
後半、決定的チャンスは新潟の方が多かったような気がしました。マルシオのヘッド、原口のミドルなどがありあしたが、やはり細かくパスをつないで宇賀神→原口はダイレクトでうってほしかった。
むしろ、新潟のシュートミスに救われたような気がしました。内容では押していただけに消化不良の試合でした。

|

« 埼スタ到着 | トップページ | 第11節 新潟戦(5/12@埼スタ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報新潟戦:

« 埼スタ到着 | トップページ | 第11節 新潟戦(5/12@埼スタ) »