« 今日はナビ川崎戦@ 等々力 | トップページ | 明日は清水戦 »

2012年5月17日 (木)

ナビ④川崎戦(5/16@ 等々力)

勝ち上がるためには勝つしかない展開になってしまったナビスコ、連戦の疲労を考えれば、ターンオーバーで選手は入れ替えたいところですが、主力とサブでは実力差が大きいことは、前節のC大阪戦ではっきりした。
スタメンは
FWーランコ
MFー原口、柏木、宇賀神、峻希、小島、暢久
DFースピラ、阿部、濱田
GKー加藤
サブは、大谷、槙野、永田、野田、矢島、セル、ポポ。やはり、柏木をはずすわけにはいかずスタメン起用。WBの平川、梅崎は完全休養。ポポとセルがサブに。主審は村上。
前半、浦和のパスワークがさえる。柏木中心にボールが集まる。スタメン起用された小島の縦へのボールも良い。ランコ→原口→柏木で先制。守備は安定、前半の川崎のシュートは0に抑え込む。
後半、川崎は攻撃の停滞感を払拭すべく中村、矢島を投入。浦和は宇賀神が左サイドからカットインしミドルシュートを決める。また、宇賀神が上げたクロスがループシュートのような形で決まり、3-0となりこのまま試合終了。
サブ組中心の試合ながら、やはり柏木の存在は大きい。柏木にボールが集まり出すと浦和の攻撃にスイッチが入るようになります。柏木の存在感をあらためて感じる試合でした。スピラ、濱田もそれなりのできでした。ただ、これは監督が代わり、戦術の浸透がはかれていない川崎が相手と言うことを割引かねばならない。
いずれにしても、サブ中心で結果が出たことは大きい。予選突破のための得失点差でも大きい。意義深かった試合でした。

|

« 今日はナビ川崎戦@ 等々力 | トップページ | 明日は清水戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナビ④川崎戦(5/16@ 等々力):

« 今日はナビ川崎戦@ 等々力 | トップページ | 明日は清水戦 »