« 速報新潟戦 | トップページ | セカンドユニ予約開始 »

2012年5月13日 (日)

第11節 新潟戦(5/12@埼スタ)

Dscf0004 消化不良な試合となってしまいました。槙野の個人技とパスワークがかみ合っての先制点、これはチームプレーと個人技が融合し、次のステップアップを期待させるものでしたが、ロングスローからのやらずもがなの失点、その後の思い切りの悪い攻め、こういう日もありますか。

Dscf0006 

スタメンは
-----原口-----
--柏木----丸塩--
梅崎-阿部--啓太-平川
-槙野--永田--坪井-
-----加藤-----
サブに、山岸、濱田、宇賀神、暢久、小島、セル、ランコ。負傷のポポに代わり原口がスタメン。梅崎はスタメン復帰し、久しぶりにセルがメンバー入り。主審は佐藤。
 前半、守備を固めてくる新潟にたいしての攻めが課題でしたが、新潟は前からプレスをかけてくるわけでもなく、浦和は余裕をもって阿部、永田、啓太でDFラインからビルドアップしていく。また、柏木、マルシオにもそんなに厳しくあたりに行っておらず、前へのくさびのボールがはいり、サイドで数的優位をつくって攻めるという感じでした。特に、啓太のポジション取りが良かったように思われました。
 サイドの梅崎、平川からチャンスをつくれていましたが、平川が負傷したようでした。先制点は、攻め上がった槙野へパスが通り、槙野は個人技で深くゴールラインまで抉り、クロスをおくり、GKがはじいたところをマルシオが決めるというもので、パスワークと個人技が組み合った非常に良い得点かと思いました。
 早い時間帯に先制できたので、ミシャは負傷した平川を無理させないで宇賀神に交代。宇賀神は守備では、概ね破たんすることもなく、決定的なパスをおくったりで、そこそこの出来でしたが、やはり攻撃は左サイドにかたよらざるを得ないことになってしまいました。
 そして更には、ロングスローからのこぼれ球をブルーノロペスに決められて同点に追いつかれる。早々先制し、平川を早めに交代したのは、新潟の攻撃力が弱いからという安心感からなのか、早めに追加点を奪いに行けば良かったが大事に試合をす進ようという気持ちが強かったのか、一旦落ちたペースを上げるのは大変ということなのでしょうね。
 後半、その心配がでてしまいました。新潟は、柏木へのマークを強める。攻めでためが作れなくなり、サイドにボールを散らすが数的優位は作れない。パスワましの周りとの呼吸が微妙にずれてくるという悪循環に陥ってくる。
 宇賀神クロスに柏木、坪井の頑張りからの原口のシュート、そしてこの日のハイライトは中央でのパス交換からフィリーの宇賀神から原口へのラストパス、原口はこれを大事に行こうとしてか、ダイレクトでシュートせずトラップしたため、新潟DFにブロックされてしまった。思い通りにいかず大事にいこうとするあまりに、プレーに思い切りがなくなってしまった、そういうことですね。
 更には、ボールを奪ってからの攻守の切り替えにもいつものようなキレがなかったですね。原口は、ボールをキープしそれなりに体をな張っていたが、ボールを持った局面ではドリブル仕掛け惜しいシュートを放ったが、ボールを引き出そう、スペースを作ろうとするボールがないところでの動きにはまだまだ課題がありますね。若いのだから、もっと無駄走りをそてくれという感じですね。
 こう着した試合展開を打開するにも、有効な選手交代もかなわず。梅崎→セルでしたが、やはりセルは相手ゴール近いところでプレーさせなくては・・・この日はそういう場面はありませんですたが、WBだと守備に回ったときの不安があります。ファーで簡単にやられてしまう。そういう場面が頭をよぎりました。そして、終了間際に原口→ランコでしたが、効果はあまりなかったような。
 結果的には、引き分けに終わりましたが、後半は新潟もカウンターから決定機はつくっておりおり、平井のシュートがあさっての方向にいってしまい事なきをえましたが、新潟にシュートミスに助けられた一戦でした。

|

« 速報新潟戦 | トップページ | セカンドユニ予約開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第11節 新潟戦(5/12@埼スタ):

« 速報新潟戦 | トップページ | セカンドユニ予約開始 »