« はしゃぎ過ぎ | トップページ | 第8節 名古屋戦(4/28@瑞穂陸) »

2012年4月28日 (土)

速報 名古屋戦

大宮戦では、戦術を研究されていいところなく敗れた浦和、名古屋も4バックではなく、浦和と同じ3バックのフォーメーションで非公開練習をおこなっていると情報もあり。また、立ち上がりに不安定な守備陣と高さのある名古屋に非常に不安が残る試合を迎えた。

スタメンは
FWーポポ
MFー柏木、マルシオ、平川、梅崎、阿部、啓大
DFー槙野、永田、坪井
GKー加藤
サブは山岸、濱田、宇賀神、暢久、小島、ランコ、原口。スタメンは神戸・大宮戦と同じです。主審は扇谷。

前半、立ち上がりまたぼんやりそた守備からセットプレーから上がった闘莉王をマークしきれずフリーでシュートを許す、今日はたまたまそのシュートが入らなかったからよかったが、悪いパターンは払拭出来ていない。
同じフォーメーションだからサイドでのボールまわし、特にDFラインからのサイドチェンジ気味のロングボールは有効でない。真ん中で柏木、ポポ、マルシオが頑張ってボールをつなぎ、それでサイドにボールを持っていく攻撃をする。左サイドは、名古屋のダニエルは穴。そこに槙野が効果的にからんでくる。左サイドからボールをマルシオが中に切れ込みシュートコースを作り見事なミドルを決める。
しかし、名古屋も直後強引なハイボールから闘莉王落としたボールに金崎がスルーから飛び込んで同点。カウンターの浦和と力任せの名古屋と戦術が見事に出たゴールでした。

後半、浦和の攻守の切り替えの速さを生かしてカウンター主体で攻める。名古屋は闘莉王がボール前に上がってくと厄介、闘莉王に勝てる選手がいない。お互いのせめてをだしての一進一退の攻防が続く。浦和カウンターから梅崎のクロスに田中がPK,2枚目のイエローで退場、このプレーが今日の明暗を分ける。
暑さのためか互いに足がとまり、名古屋はもう闘莉王大作戦に出る。闘莉王にことごとく競り負け、無得点に抑えたのはめっけものくらいに押されまくった。アデショナルタイムの原口→柏木には唖然、あれで試合を決めねば。だが何とか、凌ぎきる、攻めにおいても守りにおいても、今年の特徴と課題が出た一戦でした。

|

« はしゃぎ過ぎ | トップページ | 第8節 名古屋戦(4/28@瑞穂陸) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報 名古屋戦:

« はしゃぎ過ぎ | トップページ | 第8節 名古屋戦(4/28@瑞穂陸) »