« 鹿島への道のり | トップページ | 第5節 鹿島戦(4/7@鹿島スタ) »

2012年4月 7日 (土)

速報鹿島戦

ナビ磐田戦では攻めではミシャの意図している攻撃を見せてくれた浦和。リーグ戦無得点の鹿島とのアウェーでの戦い、歴史的に浦和は連敗中の調子の上がらない相手にいとも簡単に白星を献上してしまう。そんな悪しき風習をだしてほしくは無いのですが・・・。
スタメンは
FWーポポ
Mfー柏木、マルシオ、梅崎、平川、啓大、阿部
DFー槙野、永田、坪井
GKー加藤
サブは山岸、濱田、峻希、宇賀神、小島、達也、原口。ナビの達也に代わりポポがスタメン。原口、達也がベンチへ残念ながら矢島はベンチ外。攻撃陣の調子は気になるところ。主審は木村。
 前半、立ち上がり本当に守備でポカ、左サイドのクロスから興梠がフリーであっさりと失点。ポカとしか思えない守備。これはあり得ない。ところが、鹿島の守備も怪しい。後方からDFの裏に飛び出してくる浦和の選手を全く捕まえられず。同じような攻めで、マルシオ、ポポが連続ゴールで浦和が逆転。今までこんな鹿島は見たことない。前方から懸命にプレスをかけてくるが、坪井がちょっと怪しげだったが、浦和のパスまわしであっさりプレスをかいくぐると、容易にDFの裏を取られてしまう。
 その後も、後方からのマルシオの飛び出しに新井場がファールでPKをゲット、マルシオが決める。ファールをおかしたのはPA外のような気がしましたが、浦和にとってはラッキーな笛でした。鹿島も反撃し、大迫の決定機が2度ありましたがシュートが枠をとらえることが出来ない。
 後半、浦和は守備に集中し、カウンターを仕掛ける構えだが、クロスバーに救われたシュート、ファールとなった大迫のシュートとあったが主審に助けられる、浦和にとってはラッキー。やはり、浦和の電池切れは明らかで、動きが落ち鹿島に中盤を制せられる。
 そんな中でも柏木が長い距離を走ってカウンターから好機を作るが決め切れず。啓太→小島で攻めの圧力をはかるがあまり効果なしとみると、ミシャはマルシオ→濱田で完全に逃げ切り態勢へ。原口投入するが、原口の出来がベストな状態にほど遠い。
 鹿島もジュニーニョ、ドトゥラを投入するが、攻撃はフェードアウト状態で、勝手なプレーに走ってしまっている。オリベイラの最初のころ厳しい時期があったが、今回はそれとは性質が違う。鹿島は本当にヤバイかも。

|

« 鹿島への道のり | トップページ | 第5節 鹿島戦(4/7@鹿島スタ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報鹿島戦:

« 鹿島への道のり | トップページ | 第5節 鹿島戦(4/7@鹿島スタ) »