« ACL日本勢復調 | トップページ | 鹿島への道のり »

2012年4月 5日 (木)

ナビ②磐田戦(4/4@ヤマハ)

 凄い撃ち合いの試合となりましたが、結果的には3-4での敗戦。4点取られたことより、3点取ったことを評価しましょう。スタメンは
-----達也-----
--原口----丸塩--
宇賀神-暢久-小島-峻希
-野田--永田--濱田-
-----山岸-----
サブは、大谷、野崎、柏木、梅崎、ポポ、矢島。達也が開幕戦以来のスタメン、原口、マルシオがスタメン。永田以外は川崎戦から総とっかえ。主審は扇谷。
 前半、立ち上がり前田に決められあっさり失点。しかし、その後優位に立ち小島にボレーで同点。前半の終了間際にOGで逆転。ここまでは良かった。
 後半、連続失点し逆転されるが峻希のヘッドで同点に。しかし、野田ノミスから再び勝ちこされそのまま試合終了。
 3点決めたことを前っ向きにとらえましょう。

|

« ACL日本勢復調 | トップページ | 鹿島への道のり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナビ②磐田戦(4/4@ヤマハ):

« ACL日本勢復調 | トップページ | 鹿島への道のり »