« 速報神戸戦@ 埼スタ | トップページ | ナビC大阪戦に向けて »

2012年4月15日 (日)

第6節 神戸戦(4/14@埼スタ)

20120414_0007 久々のスカットとする勝利でした。スコアは2-0でしたが、梅崎がゴールを決めていたら、おそらく大勝していたでしょう、内容での神戸を圧倒しての勝利でした。しかし、まだ6試合しか消化していないし、09~10年も出だしも6試合で勝ち点13と全く同じでした。今年こそは、同じ過ちを繰り返さない、3度目の正直となって欲しいものです。

スタメンは
-----ポポ-----
--柏木----丸塩--
梅崎-阿部--啓太-平川
-槙野--永田--坪井-
-----加藤-----
サブは、山岸、濱田、宇賀神、暢久、小島、原口、達也。スタメンは鹿島戦とまったく同じ、ベンチの暢久が入っただけの陣容での戦いとなりました。鹿島戦の良い流れが継続できるかがポイントかと思いました。主審は高山。
 前半戦、神戸は立ち上がりから、高い位置からプレスを仕掛けてきました。今ででしたら、そのプレスに慌ててしまい前線にロングボールを蹴りだして、セカンドボールも拾えないという流れに陥り安かったわけですが、今年の浦和は違います。GKの加藤も含めて自軍からボールをつないでいこうとする姿勢が徹底しています。柏木がボールをつなぎにきたスペースに、阿部なり啓太が入り、マルシオにボールをつなぐと、マルシオがバイタルエリアで相手DFと1対1になるという場面が何度かありました。神戸も、今の浦和相手にハイプレス戦法はリスクが高いとみてか、前半の中盤以降からは、4-4-2の2ラインをしっかり築いて守るという守備に変更してきました。
 課題であった守備面ですが、マークがぼんやりしてしまい、相手FWを見失ってしまい失点を喫するという悪癖の修正ですが、この日の神戸は都倉がフィジカルで浦和DFを圧倒していたような気がしました。ですから、マークすべき目標は都倉であるということが分かっていたので、マークがずれてしまうということはあまりなかったようなような気がしました。怖いのは、都倉と競ったボールが吉田、大久保にこぼれて失点してしまうというパターンが怖かったわけですが、その点についてはDF,ボランチが集中して守りました。
 攻めに関して言えば、サイドをうまく使った攻撃、自軍でパスをつなぎつつ逆サイドのWBにロングボールをつなぐ、2シャドウが絡み中央にボールをあげると、阿部なり、啓太なりのボランチまでゴール前までくる。よって逆サイドのWBはフリーとなっているケースが多かった。右の平川から攻めて、最後は梅崎フリーという場面が再三あったような気がしました。この日は梅崎のシュートがことごとく枠を外れてしまいました。
 神戸は、都倉のところからこぼれ球をもう少しうまく使えばいいのに、何故か吉田も絡めず、野沢に関して言えば全く消えてしまっていました。神戸のチャンスらしいチャンスといえば、大久保のクロスバー直撃のシュートだけでした。
 後半、浦和の一方的な展開となりました。両WBからの攻め、梅崎側からはアクション、平川側からはリアクションという感じなのでしょうかね、とにかくサイドからの攻撃に、後ろから長駆攻撃に関わってくるので、相手DFは非常に守りにくくなるわけですね。その攻撃で得たセットプレーで点を取れるようになったのが大きい。去年まではセットプレーではまったく点が入る気がしなかったの大違い。この日は、柏木のCKから槙野がドンピシャリのタイミングでヘッドを合わせたが、徳重のナイスセーブに阻まれる。その後、マルシオがポスト直撃&柏木のシュートはGK正面で得点にはなりませんでしたが、得点の臭いがプンプンとなったところで、柏木のCKから槙野が競ったボールが抜けて後ろの阿部のところは、阿部は冷静にトラップしてゴールに流しこんで浦和が先制。
 こうなると、浦和の一方的な展開になる。神戸は、連敗のなかから守備重視の戦術をとりそれなりに成功していたが、こうなると攻めに出ざるを得なくなり、浦和のカウンターの餌食になる。浦和のカウンターも今までは前に蹴りだして、後は超人的FWにお任せでしたが、今年の浦和は違う。後ろから長い距離を走り、前線に飛び出してくる人数が多い。相手DFにとっては脅威でしょうね。
 原口がポポに代わって入るが、周りの選手に比べると運動量が足りないというか、自らの動きによってスペースを作る動きが物足りない。ボールを持てばそれなりの動きはするが、今の浦和では自己犠牲の精神も必要ですね。今の原口の出来ではスタメンはちと厳しい。次のナビスコで頑張らねばならない。
 梅崎は、今日はシュートを外しまくりでしたね。梅崎が決めていたらおそらくお祭り状態の大勝になったのではないでしょうか。ただ、指摘されている浦和の左サイドの守備の弱さを補うべく守備の課題を克服すべくプレーしていたのでしょうね。
 スタジアムは天気が悪いこともあり、今日も26000人弱、最盛期の半分といったところですが、雰囲気が非常に良いし一体感がありますね。繰り広げられてサッカーも、見ていても非常に面白いものがあります。おそらく、シーズン前の予想からすれば望外のシタートダッシュがきれたのではないかと思います。しかし、まだ6試合しか消化していません。今の成績に浮かれることなく更なるステップアップを期待します。今の運動量の多いサッカーですと、夏場に選手たちのパフォーマンスが落ちてきたときの対応、これはフィンケ時代の失敗を他山の石として欲しいですね。

|

« 速報神戸戦@ 埼スタ | トップページ | ナビC大阪戦に向けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第6節 神戸戦(4/14@埼スタ):

« 速報神戸戦@ 埼スタ | トップページ | ナビC大阪戦に向けて »